「わたしってカモ?!」クラウドワークス主婦ライターが狙われていた黒歴史

スポンサーリンク
クラウドワークス
プロフィール
この記事を書いた人

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • クラウドワークスで主婦が狙われるって本当?
  • クラウドワークスでやばい案件を主婦がさせられている?
  • クラウドワークスで主婦ライターを狙ったやばい案件て?

わたしは、CrowdWorks(クラウドワークス) で4年間ライターをしている主婦です。

クラウドワークスではやばい案件を主婦にさせるということを聞いたことはないでしょうか?

はい。

わたしは、そのやばい案件を半年もやり続けていた主婦ライターです。

今回は、クラウドワークスで主婦ライターがカモにされていた経験をご紹介します。

スポンサーリンク

主婦ライターがカモになったクラウドワークスのやばい案件

それでは、主婦ライターがクラウドワークスでカモになったやばい案件をご紹介します。

低単価の案件

わたしがやったクラウドワークスのやばい案件は1文字0.1円の低単価のものでした。

クラウドワークスのライターの1文字単価はそこまで高くありません。

初心者主婦ライターなら1文字0.3円とかが普通です。

1文字0.1円というのは、3,000文字の記事を書いて300円ですからね。

初心者主婦ライターであれば、3,000文字の記事を書くのに最短でも1時間は必要でしょう。

1時間作業して300円。

そこからシステム使用料が引かれるので、手元に入る報酬はもっと少なくなります。

10記事納品しないと報酬がない

わたしがやったクラウドワークスのやばい案件は、3,000文字の記事を10記事納品できた時点で3000円支払われるというものでした。

もしも、5記事で辞退すれば5記事分の支払いはしないという契約でした。

そのため、10記事必ず納品する必要があったのです。

画像添付は必須

3,000文字の記事作成プラス画像添付も必須でした。

クラウドワークスを4年やってきて、わかったことですが、発注者によっては画像添付にも1枚500円とか追加報酬をくれる場合があります。

クラウドワークス初心者主婦ライターは、そんなことを知らないので画像添付もその報酬でやっていました。

クラウドワークスで主婦ライターが狙われている

クラウドワークスでは主婦ライターが狙われています。

クラウドワークス初心者に届くスカウト

クラウドワークスでは、スカウトという機能があります。

発注者がクラウドワークスのプロフィールを見て「この人に仕事を依頼しよう」というときにメッセージが送れます。

クラウドワークスを始めたてのころは、このスカウトが毎日のようにきます。

ただ、どれも低単価の案件か副業詐欺だろうというようなやばい案件ばかりです。

よく考えてみれば、実績も全くない主婦ライターに好条件のスカウトが来ること自体おかしいのです。

きっと、クラウドワークスを登録したてて、よくわかっていない主婦ライターに低単価の案件をやらせるのが狙いなのではないかな?と感じました。

クラウドワークスで低単価の案件でもやる主婦は多い

クラウドワークスには、低単価の案件でも喜んでやる主婦は多いです。

実際わたしも低単価のやばい案件と気が付かず喜んでやっていました。

在宅で仕事をするのが始めてで、1日300円でもいいから稼ぎたいという主婦を狙ってやばい仕事を押し付けているのでしょう。

クラウドワークスで主婦ライターは単価アップは無理

クラウドワークスでライターをしていると「単価アップもあります」という記載をよく見かけます。

ただ、初心者主婦ライターの場合、単価アップは不可能です。

理由は、単価アップしなくてもやってくれる主婦ライターはほかにいっぱいいるからです。

単価アップ交渉をしてみて、成功したためしはありません。

クラウドワークスで主婦ライターが成功するには

それでは、クラウドワークスで主婦ライターが成功するにはどうしたらいいのでしょうか。

プロクラウドワーカーになろう

クラウドワークスには、プロ認定制度があります。

プロになれば、好条件高単価の案件がゲットできる確率も高まります。

高単価のスカウトも来るようになり、採用されることも増えます。

プロになれば1文字1円から3円くらいの案件もできます。

ただ、プロになるには、実績もスキルも積みかせる必要があるのでコツコツ頑張る必要があります。

【主婦の副業】クラウドワークスで成功するにはプロになるしかない
クラウドワークスで記事作成のライターをしています。2年間続けていたら気が付いたらプロになっていました。始めた頃は、1文字0.1円くらいばかりの仕事を疲弊していて「プロになったら稼げるようになる」とネットの情報を見つけてから「いつになったらプロになれるんだ?」と思っていました。

低単価の案件ばかりしない

ライター未経験で、初心者主婦ライターだったので、自分に自信がもてないことから敢えて低単価の案件ばかりしてしまう時期がありました。

もちろん、低単価の案件は、

  • マニュアルが簡易
  • ライティングスキルが求められない
  • 規定文字数に達していればOK

というくらいの案件なので簡単です。

ただ、低単価の案件ばかりやっていてもタイピング速度が上がるくらいで、高単価の案件がもらえるスキルは身につきません。

いろいろな案件にチャレンジする

クラウドワークスのライターの仕事はたくさんあります。

それぞれデータ入力をしたり、音声を聞いてそこからライティングしたり、実際に商品をためしてライティングしたりといった案件もあります。

できれば、初心者主婦ライターはいろいろな案件にチャレンジしてみましょう。

仕事をしていくうちに、自然とライティングスキルもアップしていきます。

また、クラウドワークスを利用している発注者が求めている記事の質もわかってきます。

せっかく日本最大級の案件数を誇るクラウドワークスなのですから、そこを利用していきましょう。

体験や資格は強み

クラウドワークスでライターとして成功しようと思ったら、自分のもっている資格や体験談は積極的にアピールしていきましょう。

クラウドワークスのマイページのプロフィール欄には必ず資格や体験を記載しておいてください。

クラウドワークスで求められている資格や体験とは、

  • 子育て経験
  • ウォーターサーバーを使っている
  • 復縁したことがある
  • ダイエット経験
  • エステサロンに通っていた
  • 脱毛経験
  • 引っ越しの経験
  • 害虫駆除の経験
  • 副業経験
  • 専門的な資格
  • 離婚経験
  • 資産運用経験

こうしたものを持っていたらぜひ活用していきましょう。

高単価の案件でスキルを積む

高単価の案件は、契約が成立するとマニュアルが渡されます。

このマニュアルはかなりすごいです。

恐らく情報商材として売り出したら結構な金額で売り出せそうな内容が書かれています。

ぜったいにやってはいけませんが。

もちろんマニュアル通りになっていないと、修正が入りますしかなり厳しいです。

ただ、こうした高単価の案件をやってきたという経験は実績として自分の価値を高めてくれます。

おすすめのクラウドソーシング

クラウドワークスは日本最大級にクラウドソーシングです。

ただ、クラウドソーシングはほかにもいろいろあるのでご紹介しましょう。

システム利用料を抑えたいなら「クラウディア」

クラウドソーシング・在宅ワークなら【Craudia(クラウディア)】 ならシステム使用料が15%で利用できます。

クラウドワークスの場合、システム利用料が5万円で20%です。

クラウディアなら15%でいいので、その差は後々大きくなっていきます。

【4年目webライターが教える】クラウドソーシングは1社で入魂【始め方で間違うな】
WEBライターとして副業を始めてみたいな WEBライターをするならクラウドソーシングはどう選べばいいのかな...

システム利用料は無料がいいなら「ワークエニー」

ワークエニー は利用料が無料の副業のためのサービスサイトです。

副業に特化したサイトだけあって、きっとあなたにぴったりの仕事がみつかることでしょう。

在宅で月30万円も無理じゃない「コールシェア」

在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」 がおすすめです。

コールセンター業務をスマホかパソコンを使ってできます。

研修もしっかりしていて、常時サポート体制も充実しているので安心して働けます。

本気で在宅で稼ぎたいならおすすめです。

【在宅ワーク・副業に】コールシェアの受電はスマホ1つで自宅でコールセンターの仕事ができる
自由な働き方がしたい! 好きな時間に勤務したい! スキルや資格がなくてもできる在宅ワークはないかな?...

まとめ

CrowdWorks(クラウドワークス) では初心者主婦ライターはカモにできると狙われています。

できれば、低単価の案件で疲弊するのではなく、いろいろな案件にチャレンジしてライターとしてのスキルアップに繋げていきましょう。

にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
クラウドワークス
スポンサーリンク
シェアする
小豆をフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました