【副業WEBライターきつい・挫折】5年間の試行錯誤と乗り越え方

スポンサーリンク
WEBライター
プロフィール
この記事を書いた人
あずき

会社員→専業主婦→フリーランスになった40歳主婦です。
子どもが小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドワークスでWEBライター・ブログ・ツイッター・インスタをしています。

あずきをフォローする
  • WEBライターってきついの?
  • WEBライターってどんなところがきついの挫折したことある?
  • WEBライターを副業でやってみたいけど挫折するなら?きついかな?

WEBライターを5年やっている平凡な主婦です。

5年WEBライターをやってみた経験を元に、

  • WEBライターがきつい理由
  • WEBライターの失敗談
  • WEBライターの挫折経験

を紹介します。

WEBライターをやってみたけどなかなかうまくいかない方・WEBライターのリアルが知りたい方は参考になるはず!

さきに結論からいうと、クラウドワークスでいつまでもWEBライターやってても稼げません。

WEBライターで稼ぎたいなら、クラウドテックに移行しないと挫折します。

スポンサーリンク

WEBライターがきつい理由

まずは、WEBライターがきつい理由から紹介します。

収入が安定しない

WEBライターの収入は安定しません。

専属で一つの企業のライターになればそれなりに収入のコントロールができるのですが、クラウドソーシングサイトで案件を探してとなると安定しないものばかりです。

継続して契約し続けれたらいいのですが、WEBライターってそこまで甘くありません。

関連記事:【クラウドワークスでどれくらい稼げる?】月5万円と月10万円の稼ぎ方

低単価な記事作成が多い

クラウドワークスでWEBライターの仕事を探してやってきましたが、クラウドワークスは低単価の案件しかありません。

WEBライターの最低単価といわれる1文字1円が高単価なのがクラウドワークスです。

WEBライターとしてちゃんとした単価の仕事がしたいなら、クラウドテックじゃないとみつかりません。

関連記事:【クラウドワークスの時間単価】5年目激安ライターが語る

記事を書く前が大変

WEBライターって文章が書けたらいいと思い勝ちです。

しかし、WEBライターの仕事は、

  • タイトル
  • 見出し
  • キーワード選定
  • SEO対策
  • 内部リンク
  • 外部リンク
  • 画像選定

といった仕事があります。

専属WEBライターは仕事はあるが低単価

企業の専属WEBライターになれば、たくさんの案件から自分ができそうな案件をピックアップして仕事ができます。

ただ、これは単価が低いです。

だいたい1文字0.5円スタートといったところです。

どういった仕事内容なのかは、クラウドワークスのライター文字単価0.5円の仕事内容【初心者におすすめ】で解説しています。

こういった専属ライターの場合、マニュアルがしっかりしているので、ミスがあると修正依頼があります。

作業が多いわりに単価が低いです。

安定して稼げるのはいいですが、なかなかきついのが本心です。

関連記事:【クラウドワークスで未経験者は稼げるのか】現役4年目が答える真実

クラウドワークスのシステム使用料

全くの未経験からWEBライターを目指すならクラウドワークス が最も手っ取り早いです。

ただ、クラウドワークスではシステム使用料として、報酬の20%が引かれて支払われます。

これがかなり痛いです。

上記はクラウドワークスの契約画面です。

もしも3万円の契約がとれたとしてもワーカーの受け取り金額が22,677円になってしまいます。

8,000円近くはクラウドワークスにもっていかれてしまいます。

WEBライターはしんどい

WEBライターを5年やってきましたが、WEBライターってしんどい。

WEBライターを始める前は、

  • 主婦の副業で
  • 隙間時間で
  • 簡単作業

くらいで思ってましたが、実際はしんどいことのが多かったです。

関連記事:【5年で実感】WEBライターってマジしんどいトップ12

WEBライターの挫折

WEBライターの稼げない時期はまじきついです。

  • 1時間作業やって300円
  • 1時間やって100円
  • 1時間作業して400円プラス修正依頼が無料

こういう下積みがあります。

ここでたいていのWEBライターが挫折します。

関連記事:【現役4年目】WEBライター挫折する【副業には向かない?】

クラウドワークスだけのWEBライターでは生活できない

【クラウドワークスだけで生活】5年やっても無理でしたで解説していますが、クラウドワークスだけでWEBライターとして活動していても、生活できるくらい稼ぐのは無理でした。

稼げて月10万円いけたらいい方というのがもっともきついところです。

もしも、本気で稼げる副業を始めたいならクラウドテック を使ってみてください。

独立してフリーランスとして生活している方が使っています。

やばいクライアントがいる

クラウドワークスでWEBライターをやっていたらある程度やばいクライアントは淘汰されています。

しかし、ぱっと見た感じでは「これはやばい」と分からないような仕事が紛れています。

関連記事:【現役5年目】クラウドワークス本当にあったやばい体験談2022年最新

楽しく稼ぐとは無縁

WEBライターは、パソコンで在宅でできるのは魅力的です。

「文章を書くのが好き!」だけで始めたWEBライターはきついのか?【4年目の実感】の記事で書いていますがWEBライターになったのは文章を書くのが好きだったからです。

けれども、楽しく稼ぐとは無縁でした。

楽しかったのは最初だけで、後は稼ぐためにきついなあと思いながらやってきました。

【楽しく稼ぐはいけないこと?】稼いでからわかった真実
楽しく稼ぐっていけないことかな? 楽しく稼ぐ方法ってないかな? 楽しく稼ぐって貫ける? わたしは、楽しく稼ぐをモットーにいろいろは方法を試してきました。 結論からいって楽しく稼ぐために始めたら、結局いろいろな...

副業にWEBライターは手放しでおすすめできない

副業でWEBライターを選ぶのは、週末や仕事が休みの日にやろうと思っている方が多いでしょう。

本業をやりつつ、稼げないWEBライターをやり続けるのはきついです。

しかし、WEBライターのきつい時代を乗り越えれたら月10万円20万円30万円と稼げる仕事であることは間違いありません。

関連記事:【現役5年目】副業WEBライター手放しでおすすめできない理由

WEBライターはきついけどいつか楽になる?

WEBライターは未経験でも始められる副業として人気です。

WEBライターはきついみたいだけど、頑張ってればいつか楽に稼げるようになるかな?

そう思っているならちょっと待ってください。

WEBライターは楽にはならない

WEBライターとして実績を積んで単価がアップしていけば楽になると思ってやってきました。

しかし、クラウドワークスでWEBライターをいくら頑張ってもどんどんきついのが増えていくばかりでした。

求められる質が高まる

WEBライターがきついのは、単価が上がるにつれて求められる質が高くなります。

低単価のWEBライターの仕事であれば、書いたらOKみたいな仕事がありました。

しかし、高単価のWEBライターの仕事となれば、

  • 取材をして欲しい
  • 実際に商品を使ってから書いて欲しい
  • 実際に電話かメールをして調べてから書いて欲しい

というように求められる質が高まります。

WEBライターは時間的にきつい

WEBライターで稼ごうと思ったら、時間を命一杯使う必要があります。

【5年目が回答】クラウドワークスでどれくらい稼げる?月5万円と月10万円の稼ぎ方の記事で書いていますが、クラウドワークスのWEBライターで月10万円稼いでいた時期は起きている時間は常に仕事をしている状態でした。

好きなように書けない

純粋に文章を書くのが好きでWEBライターになったのですが、WEBライターになってみたら好きなように書けないジレンマが。

文章を書くのは苦ではないけれど、WEBライターは、

  • 人の役に立つ文章
  • 商品が売れる文章
  • サービスが欲しくなる文章

を書く必要があります。

関連記事:【WEBライターって楽しい】1ミリたりとも思わない

【失敗談】WEBライターの副業をやってみた

WEBライターの副業をやってみたのですが、そのなかで数々の失敗をしてきました。

もちろん、どの失敗も致命傷にはなっていませんし、経験としてわたしにとって必要なものではあります。

しかし、そのときはやっぱりきついですし挫折感を味わいます。

関連記事:【WEBライターやめた】5年間やらかした失敗談

とにかく時間の切り売りになってしまう

WEBライターの副業のなにがきついかというと、とにかく時間の切り売りになってしまうことです。

WEBライターの副業で月10万円稼ごうと思ったら、毎日朝から晩まで自分の使える時間は全てWEBライターの副業に捧げるくらいのストイックさでやっていないと無理でした。

今、ブログを始めてみて思うのが「WEBライターってまじ時間かかるよなあ」ということです。

関連記事:【やらない方がマシ】副業しない方がいい方法【時間泥棒】

時給300円の世界

クラウドソーシングでWEBライターをやっているとぶっちゃけ時給300円の世界です。

【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史は、クラウドワークスに登録してたの初心者の頃に時間単価です。

これが5年もWEBライターをやってたら、上がるだろうと思っていました。

しかし、実際は、リサーチに時間はかかるし、求められる質が高くなって時給500円?800円稼げたらいいなというのが肌感です。

納期に追われる日々

WEBライターは納期があります。

納期を守らないWEBライターは仕事がもらえません。

そのため副業で始めたとしても常に納期に追われるような焦りがありました。

WEBライターとして単価は上がりにくい

筆者はクラウドワークスでWEBライターをしてきましたが、単価アップは極稀で常に低単価の案件しかありませんでした。

だいたい1文字0.1円から1円もらえたらいい方で、いつか単価アップしてもらうんだという希望は見事に打ち消されました。

仕事がないと収入がない

WEBライターがきついのは仕事がないときです。

仕事ができないと収入がないのでかなりの恐怖です。

仕事がない状況に陥らないために、常に仕事を入れては納品を繰り返すので休めません。

月10万円稼ごうと思ったら起きている時間は常に仕事

クラウドワークスで月10万円稼いでいた時期は、起きている時間は常にライティングをしていました。

月10万円稼ごうと思ったら、副業で隙間時間で1日3時間ででは難しいでしょう。

【WEBライターがきつい】乗り越え方

WEBライターはきついです。

ただ、何もせずにきついままやり続ける必要はありません。

5年きついWEBライターをやってみてどう乗り越えたかご紹介します。

ブログを始める

WEBライターがきついのは、時間の切り売りだからです。

WEBライターのスキルがある程度身についたのであれば自分でブログを始めてみてください。

ブログは、ストック型のビジネスとされていて副業としても最適です。

ブログでどうやって稼ぐのか?始め方については下記の記事で詳しく解説しています。

【主婦がブログで稼ぐ】始め方と仕組み【副業するなら一択】
主婦がブログで稼ぐなんてどうするの? 稼げる主婦ブログの始め方が知りたい 主婦がブログで稼ぐってどういう仕組み? 主婦がブログをどうやって始めたらいいのか分からないですよね? わたしも全然わかりませんでした。...

有名サイトでWEBライターをする

ブログではなくWEBライターとしてどうにかやっていきたいのであれば、有名サイトで実績を積むのがいいでしょう。

1度でも有名サイトでWEBライターとして仕事をしていたら、だいたい実績として十分通用するとクライアントに思ってもらえます。

自分の強みを付加価値として提供する

WEBライターとしてやっていくなら自分の強みを最大限に発揮する必要があります。

例えば、

  • 資格をもっている
  • 面白い経験をしてきた
  • 辛い経験があったけど乗り越えれた
  • 恋愛経験が豊富
  • 高いクオリティで早く納品する

などほかの人ができない体験というのはWEBライターとして付加価値となり、クライアントが仕事をして欲しいと感じるポイントです。

SEOの勉強をする

WEBライターに何をして欲しいのかを1つに絞るとするなら、SEOに強い記事を書いて欲しいにつきます。

SEOについて何のことか分からないのであれば、独学でも学べます。

しかし、独学はあまりにも時間がかかりますし、学んだとしても実践で使えるかはわかりません。

じゃあ、どうしたらいいの?

と思ってしまいますよね?

クラウドワークスなら1文字0.5円くらいの専属ライター案件なら膨大なマニュアルがもらえるのでそこから勉強できます。

クラウドワークスのライター文字単価0.5円の仕事内容【初心者におすすめ】

SNSでWEBライターであることを発信する

WEBライターをクラウドソーシング1本でやろうと思っても、低単価で膨大な作業量をこなし、システム利用料でごっそりともっていかれてきついだけです。

SNSを駆使することで、WEBライターとしての自分を広く知ってもらいましょう。

クラウドワークスから卒業する

クラウドワークスはあくまで初心者が実績を積む場所です。

クラウドワークスが運営するフリーランス向けのクラウドテックに移行しましょう。

関連記事:WEBライターで月20万円稼ぐ人がやっている5つの方法

WEBライターがきついのは使っているサービスによる!?

WEBライターがきつい理由について、5年やってみた結論から先に申し上げると、どこを使ってWEBライターをするかで違ってきます。

クラウドワークスでWEBライターはやめたほうがいい

クラウドワークスで5年WEBライターをやってきましたが、ぶっちゃけやめたほうがいいです。

【断言】クラウドワークスやめたほうがいい【稼げない・やばい・きつい】の記事で書いていますが、クラウドワークスでいくらやっていても稼げるようにはなりません。

WEBライターで月20万円月30万円を稼ぎたいなら、クラウドワークスが運営するクラウドテックに移行しましょう。

WEBライターの挫折体験

WEBライターで挫折した体験談を紹介しましょう。

WEBライターは未経験ではじめられる

WEBライターは副業を始めるなら未経験から始められるので、おすすめではあります。

  • タイピングができればOK
  • 小中学生が読める文章が書ければOK

だからです。

関連記事:【WEBライターの副業を未経験から】5年間の収益公開

涙のテストライティング

WEBライターで契約できれば、1文字2円の高単価の案件をみつけました。

そこで、思い切って応募したことがあります。

すると、テストライティングを無料で受けてくださいとのこと。

このテストライティングに合格すれば、高単価の案件が獲得できるとかなりの時間をかけて納品したことがあります。

自分史上これ以上の記事は書けないというところまでやったのですが、結果不採用でした。

いきなりの契約終了

WEBライターをしていると継続的に契約してくれるクライアントさんと出会いました。

毎月月10万円以上稼ぐことができていたクライアントさんだったので、安心してそのクライアントさんの仕事に注力していました。

するといきなり「今月でWEBライターの仕事発注を停止します」というメッセージが。

ここでWEBライターの挫折感を味わいました。

1つのクライアントに依存していたため、新しい案件獲得をしないといけませんし、仕事がなければ収入がありません。

WEBライターがきついのにやめない理由

WEBライターはきついです。

それなのに、どうしてWEBライターをやめないのか理由をご説明していきます。

自由

なんといってもWEBライターは自由です。

通勤する必要もないし、嫌な上司に気を使う必要もないし、気分が乗らない日は自分や休めばいいし、いやな仕事は断ればいいし・・・。

この自由な働き方を一度経験してしまうとなかなかやめるという選択はできません。

文章を書くのが好き

文章を書くのが好きです。

ただ、私は文章について学んだ経験はありません。

小学校・中学校で国語の授業を受けていたくらいです。

それでも友達に手紙を書くのが好きですし、メールやLINEも好きです。

WEBライターは勉強が必要?【結論】お金を稼ぎながら学べる
WEBライターに勉強は必要ありません。とりあえずクラウドソーシングに登録して、仕事をしながらWEBライターの勉強をしましょう。具体的にクラウドソーシングでどうWEBライターの勉強を進めていけばいいのか、経験を元に解説します。

やればやるだけ収入になる

WEBライターの仕事は、やればやるだけ収入になります。

裏を返せばやらなければ収入にはならないのですが・・・。

でも、書けば書くだけ自分のスキルになりますし、仕事を何個も経験してきたことで実績も積むことができました。

たくさんの仕事を経験したことで、どんな文章が求められているのかもわかってきました。

この経験やWEBライターはきついけれど、やめようと思ったことがない理由だと思います。

自分の記事を見かけたら嬉しい

ときどき自分の記事と出会うときがあります。

有名なサイトに参加させてもらった場合、自分の記事が上位表示されているととても嬉しいです。

クライアントさんも喜んでもらえていると嬉しいなと思います。

在宅でできる

WEBライターの仕事は在宅でできるのが気に入っています。

在宅で仕事をしていれば、家事もできますし、子供が学校から帰ってきても「おかえり」と迎えてあげることができます。

また、病院や役所など平日に行きたいものも時間を気にすることなく行けるのもメリットとして感じています。

ほかにも、在宅でできるので眠たいときに寝れるのも最高ですよね。

クラウドソーシングを使えば仕事はある

クラウドワークスのようなクラウドソーシングを使えば、WEBライターの仕事はいくらでもあります。

ただ、単価は激安です。

ブログの勉強が無料でできた

ブログを始めるきっかけになったのは、WEBライターがきついからです。

しかし、今から思うとWEBライターをやってからブログを始めたことでブログの収益化が成功したのではないかと思っています。

ブログの記事作成の仕方を0から自力でするのではなく、WEBライターをしながら無料で実践的な指導を受けながら勉強できたのはきついですがよかったです。

【現役5年目が教える】クラウドワークスの賢い使い方

WEBライターはきついが身につくスキル

WEBライターはきついです。

しかし、きつい分身につくスキルがあります。

ライティング力

WEBライターのライティング力について解説すれば本が1冊書けてしまいます。

WEBライターの場合、

  • 商品を売るライティング力
  • 相手に共感してもらえるライティング力
  • 悩みが解決できるライティング力

が身に付きます。

営業力

クラウドワークスでWEBライターをやっていても、自分を売り込み仕事をもらってくる必要があります。

自分のプロフィール欄を充実させてアピールする力は必須です。

クラウドワークス月10万円が教えるプロフィール欄の書き方

検索力

誤字脱字や冗長表現などWEBライターをしていたらNGです。

1つ1つ自分でチェックしてもいいですが、今は便利なツールがネット検索すればでてきます。

また、どんなキーワードで調べれば自分が欲しい情報がすぐみつかるのかWEBライターをやってると身に付きます。

ビジネス力

WEBライターは、ブログをビジネスとしてやっている方と仕事ができます。

ビジネスをしている人たちがどんなことに気をつけ、どういう戦略で挑んでいるのがリアルに勉強できます。

ビジネスメールの書き方

クラウドワークスのWEBライターはメッセージのやりとりをします。

そのため、完結かつ迅速丁寧なやりとりをしないと次がありません。

【無謀?】副業で未経験からきついWEBライターをやってみたい

WEBライターはきついです。

それでも、副業でWEBライターをやってみたい方もいるでしょう。

そこで、副業でWEBライターをやるのは無謀なのか、それともできるのか解説していきます。

【結論】できる

副業でWEBライターをやってみたいという気持ちがあるなら、できます。

実際にわたし自身まったくの未経験からWEBライターをやってみた人間です。

【現役5年目】WEBライターのバイトは未経験でもできるの記事で書いていますが、未経験からでも十分やっていけます。

WEBライターはきつい部分もありますが、やめない理由でご紹介した通り副業としてやってみるのにはおすすめできます。

【副業】WEBライターやってみたら挑戦したら4年続けられた
副業でWEBライターをやってみたいな 副業でWEBライターをやってみたいけどぶっちゃけできるもの? 副業でWEBライターをやってみたいけどどんなことするの? 副業でWEBライターをやってみたら、結局4年続けることが...

クラウドソーシングを使えば初月で7,466円稼げた

もしも副業でWEBライターをやってみたいなら、クラウドソーシングを使うのがおすすめです。

クラウドソーシングなら、初心者からプロまであらゆるレベルに合わせた仕事が揃っています。

わたしの場合、無料登録して初月にして7,466円稼げたので決して無謀ではありません。

【主婦の副業】クラウドワークスをやってみた初月7,466円なり
主婦がクラウドワークスをやってみたら初月で7,466円稼げました。どんな仕事内容をしてどれくらいの金額をクラウドワークスでやってみたらこれくらい稼げるのかについて紹介します。クラウドワークスをやってみたい方は参考にしてください。

毎日3000円コツコツ稼げるようになった

毎日3000円はWEBライターの仕事をして稼ぐのはそう難しくありません。

毎日3000円WEBライターで稼げたら、月にしてだいたい9万円は稼げることになるのでパートをしているくらいになるでしょうか。

WEBライター以外にも毎日3000円稼ぐ方法はいろいろあるので、下記で詳しくご紹介しています。

【副業】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法!平凡主婦でもできるワザ
毎日3000円コツコツ稼ぐって主婦にでもできるもの? 簡単作業で毎日3000円コツコツ稼ぎたい 子育て中でなかなかまとまった時間が取れない!毎日3000円コツコツ稼ぐ方法が知りたい 今回は、こういう方におすすめの副...

クラウドワークス初心者の月収5万円から10万円

【クラウドワークス初心者の月収】平凡な主婦がやってみたで詳しく解説していますが、クラウドワークス初心者で月収は5万円から10万円といったところです。

副業で仕事終わりに月10万円WEBライターを目指そうと思ったらきついでしょう。

WEBライター副業で月10万円はかなりきつい

【現役5年】クラウドワークスで月10万円稼ぐコツでは、クラウドワークスのWEBライターで月10万円稼いでいた時期にやっていた仕事内容をご紹介しています。

かなりストイックにWEBライターの仕事をやり続ける必要がありかなりきつい毎日でした。

それこそ新規案件受注するために1日中パソコンにかじりついているくらいでないと、なかなかきついのがWEBライターの副業です。

ブログでストック型の副業スタートできた

WEBライターはきついなあと感じることが重なった時期に、自分でブログを運営したら結構できるんじゃないかな?という感じでブログを始めてみました。

ブログは、即金性はありませんがストック型の副業で資産になってくれます。

【副業するならストック型ビジネス】主婦がお金を稼ぐマシン作成
主婦の副業にストック型ビジネスを始めてみたい どうせ副業をやるならストック型ビジネスをやってみたい 主婦でもできるストック型ビジネスなんてあるの? 主婦であるわたしは、副業ですすめられているものをありとあらゆるもの...

これまでWEBライターで培ってきたスキルを生かすことができたので、WEBライターをするならブログ運営を視野に入れて取り組むことをおすすめします。

【WEBライターとブロガー】大きな違いがある【選択ミスが命取り】
WEBライターとブロガーの違いって? 結局WEBライターとブロガーどっちをしたらいいの? WEBライターとブロガーどちらから始めるのが正解? さきに結論からいうと、WEBライターとブロガーの違いは人様の記事を書くの...

WEBライターで副業するならきついですが、ブログは隙間時間に自分のペースでできるのでおすすめできます。

【体験談】WEBライターがきついときにやったこと

WEBライターをしていて、きつい時期はあります。

WEBライターのきつい時期にどうやって乗り越えたのかご紹介します。

ブログを始めてみた

WEBライターを3年くらいしているときに自分のブログを立ち上げました。

ブログを運営することで、クラウドソーシングサイトでWEBライターに仕事を発注している人が何を求めているのかがはっきりわかりました。

自分がブログを運営してみて

  • 引用したら引用サイトを書いてもらっていると助かるな
  • キーワードの検索意図を考えていると嬉しいな
  • 上位表示される記事だといいな
  • 見出しにこだわって欲しいななどなど

自分がブログを運営してみないと、かゆいところに手の届く記事が書けないんですよね。

関連記事:WEBライターならブログをしないと損【収益が倍になる】

自分の記事を誰かに読んでもらった

自分の書いている記事を誰かに読んで、感想をもらうようにしました。

自分ではわかりやすく書けていると思っていても、人の目によってはよくわからないことも少なくありません。

WEBライターの仕事に役立つチェックツールなんかもたくさんありますが、実際に人に読んでもらうのが一番いい記事が書けると思います。

無理をしないで休んだ

WEBライターの仕事があまりにもきついときは、思い切って休みました。

本当に不思議なのですが、WEBライターがきつくて休んでいる時期にスカウトとして好条件の案件がやってきたりするんですよね。

そうやってゆるい感じで4年間WEBライターを続けています。

ほかの副業も模索する

ぶっちゃけ副業しようと思うなら、きついWEBライター以外にもいろいろ方法があります。

下記では、毎日3000円コツコツ稼ぐ副業についてご紹介しているのでチェックしてみてください。

【副業】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法!平凡主婦でもできるワザ
毎日3000円コツコツ稼ぐって主婦にでもできるもの? 簡単作業で毎日3000円コツコツ稼ぎたい 子育て中でなかなかまとまった時間が取れない!毎日3000円コツコツ稼ぐ方法が知りたい 今回は、こういう方におすすめの副...

【体験談】WEBライターきつい!やってみた

それでは、WEBライターがきつなと思った体験談をいくつかご紹介していきましょう。

低単価で疲弊

WEBライターの仕事は低単価で疲弊してやめていく人が多い職種ともいわれています。

実際に私がWEBライターを始めた頃は1記事3,000文字くらい書いて300円とかの案件をしていました。

3,000文字の記事を10記事書いて1セットとして、3000円もらうという感じです。

ただ、記事の質はそこまで求められず、書けばだいたいOKがもらえました。

【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史
クラウドワークスのやばい案件てどんなの? クラウドワークスやばい案件に当たらないようにするためにどうしたらいい? クラウドワークスやばい案件があるって本当? クラウドワークス でやばい案件とされる1文字0.1円の仕...

修正が多いクライアント

修正が多いクライアントはきついです。

恐らくなのですが、クライアントもチームでブログ運営をしていて、チェックする人が複数います。

そのため1回目で修正依頼されて対応して納品したのに、違う人がチェックしてまた違う修正がくるといった具合です。

「どっちやねん」となってしまいきついなと感じてしまいます。

データ入力の仕事

案件によっては、データ入力のような仕事もあります。

文章を書くのではなく、ただひたすら調べてまとめていくといった仕事です。

1度始めたら、完成させるまでやめることができません。

かなりきつい仕事でした。

クラウドワークスでデータ入力やってみた【2度とやりたくありません】
クラウドワークスでデータ入力をやってみた体験談を紹介。結論!クラウドワークスのデータ入力は2度とやりたくないと思っています。クラウドワークスのデータ入力のリアルとクラウドワークスでやるべき仕事内容とは?5年の経験から紹介します。

クラウドソーシングサイトを離れてみた

私は一度クラウドソーシングサイトを離れて、外部の求人サイトから在宅WEBライターに応募したことがあります。

テストライティングとして、指定されたキーワードで5000文字を書いてくださいと案内がきました。

「これに採用されれば!」と頑張ったのですが、結果、不採用。

5000文字書いたのに、「テストライティングのためお支払いできません」と連絡がきました。

クラウドソーシングサイトでは、だいたい採用なのでかなり久しぶりな挫折を味わうことに・・・。

ここでへこたれていてはいけないのでしょうが、またテストライティングする自信がなくなってしまいました。

【ゲームライターはきつい】楽しいだけではありません
ゲームライターはきついです。大好きなゲームができて楽しそうと思っているならよく考えましょう。ゲームライターはきつけどやってみたいなら、稼げるとは思わないほうが吉。もしもゲームライターとして稼ぎたいなら正しい方法で始めましょう。

まとめ

WEBライターはきついかそうでないかと聞かれたらきついです。

ただ、きついからといってやめようとは思いません。

あなたも文章を書くのが好きならWEBライターを始めてみませんか?