【クラウドワークスはやばい?】WEBライター歴4年目の経験談【悪質サイトなのか?】

クラウドワークス
プロフィール
この記事を書いた人
小豆

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • クラウドワークスってやばいの?
  • クラウドワークスってやばいって聞くけどぶっちゃけどうなの?
  • クラウドワークスってやばい案件ばかりで毎日3000円稼げるの?

私はクラウドワークス を使い続けて4年目になります。

主に記事作成のWEBライターとして活動しています。

そこで今回は、クラウドワークスはやばいのかについて徹底的に掘り下げていきます。

クラウドワークスのやばいところ

それでは、クラウドワークスでWEBライターとして活動する私の経験からクラウドワークスのやばいところをご紹介します。

低単価のやばい案件がゴロゴロしている

クラウドワークスでは、低単価のやばい案件がゴロゴロしています。

だいたい1文字0.1円とかの案件です。

1文字0.1円というと1,000文字書いて100円です。

「初心者の方にライティング指導を行います」と書いて1文字0.1円で発注しているクライアントがゴロゴロいます。

かくゆう私もクラウドワークスでWEBライターとして活動を始めた時期は「100円でも嬉しい!」と思って1文字0.1円の案件を受けていました。

そのときの体験については下記で詳しくご紹介しています。

【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史
クラウドワークスのやばい案件てどんなの? クラウドワークスやばい案件に当たらないようにするためにどうしたらいい? クラウドワークスやばい案件があるって本当? 私は、クラウドワークスでやばい案件とされる1文字0.1円...

システム使用料が20%取られる

クラウドワークスではシステム使用料として20%が引かれます。

これって結構やばいです。

もし仮に3万円で契約できたとします。

すると、WEBライターの受け取り金額が22,677円です。

この場合源泉徴収されている金額も含みます。(法人の場合は源泉徴収されることが多いです)

受け取れる金額が本当に少ない。

クラウドワークスのシステム使用料についてはこちらでご確認ください。

詐欺っぽいやばい案件に誘われる

私は4年クラウドワークスでWEBライターをしていますが、やばい詐欺っぽい案件にいくつも誘われたことがあります。

よくあるのが、いい感じの案件を見つけて応募してみると

ご応募ありがとうございます。残念ではありますが、今回は応募者多数のため募集を締め切らせていただきました。ただ、○○さんのプロフィールを見てぜひご一緒にお仕事したいと思いました。今回の募集よりも単価アップも狙えて安定収入が見込まれます。ライターさんの中でも月30万円程度稼いでいる方もいます。もし、ご興味があるならLINEまでご連絡ください。

とメッセージが届くパターンです。

全く同じクライアントか?と思うような感じのやりとりが5回ほど続いたことがあります。

どれも違う名前だったので、きっとアカウントをたくさん作って誘っているのでしょう。

システムを使いこなしていないクライアントも多い

クラウドワークスでは、クライアントも始めて利用するという方も少なくありません。

そのため、仮払いをし忘れていて「納品はまだでしょうか?」とメッセージを送ってくる方もいます。

クラウドワークスでは、のちのちのトラブルを防ぐため契約してから仮払いを確認してから業務を開始する必要があります。

仮払いをしないことには、WEBライターとしても業務開始できないので、「なんやねん!?」ってなります。

また、仮払いをして速攻なぜか報酬を追加支払いで支払ってくれたクライアントさんもいます。

かなり高額案件だったので、こちらとしてもびっくりして「このまま私が逃げたら、お金持っていかれてしまいますよ?」とメッセージを送ると「そうなんですね!クラウドワークスに問い合わせてみます!」と連絡がきた方もいます。

もちろん納品しましたが、クラウドワークスではシステムを使いこなせていないクライアントは結構います。

継続依頼はもらいにくい

クラウドワークスでは、「よければ継続依頼します」と書かれた募集要項があります。

だいたいこの継続依頼は2回とか3回とかで終わります。

私の経験上、10記事もらえたらいい方という感触ですね。

結局クラウドワークスはやばいの?

結局のところクラウドワークスはやばいのでしょうか?

毎日3000円コツコツ稼ぐことはできる

クラウドワークスはやばい案件ありますが、毎日3000円コツコツ稼ぎたい方には十分稼げます。

クラウドワークスだけで生活しよう!とするのは難しいですが、副業で毎日3000円コツコツ稼ぐんだと言う方にはぴったりです。

高単価の案件を受注できるチャンスはある

クラウドワークスでも、ときどき高単価の案件のスカウトが来る場合があります。

低単価の案件は多いですが、なかには高額を支払ってくれるクライアントもいます。

また、継続して採用してくれるクライアントや専属ライターになればやった分だけ、単価をアップしてくれるクライアントもいます。

そういったクライアントと出会えれば、月17万円くらいは稼げるようになります。

プロになればそれなりの単価の仕事が取れる

クラウドワークスではプロ認定制度があります。

プロクラウドワーカーとは、全クラウドワーカーの中から定められた基準を満たした人だけを選抜した、仕事能力の高いプロフェッショナル集団です。
認定基準やメリットなどについては、コチラのページをご確認ください。

引用:クラウドワークス

このプロになれば一気に単価がアップします。

私の感覚としては、1文字0.8円から1円の案件が表示されるようになる感じです。

それに採用される確率もグンと高くなります。

【主婦の副業】クラウドワークスで成功するにはプロになるしかない
クラウドワークスで記事作成のライターをしています。2年間続けていたら気が付いたらプロになっていました。始めた頃は、1文字0.1円くらいばかりの仕事を疲弊していて「プロになったら稼げるようになる」とネットの情報を見つけてから「いつになったらプロになれるんだ?」と思っていました。

スキルや実績を積むなら最適

もしもWEBライターの経験が全くない初心者なら、スキルや実績を積むのにクラウドワークスは最適です。

初心者でもできる幅広い仕事が豊富なので、どんどんチャレンジしていきましょう。

そこで有名サイトの専属ライターをしていたとなれば、華やかな実績として使えますよ。

クラウドワークスでやばい案件に出会ったときの対処法

それでは、クラウドワークスでやばい案件に出会った場合、どんな対処をしているのかご紹介します。

スルー

低単価の案件はスルーしています。

スカウトしてもらえることもありますが、単価を見てあまりにも低単価の場合はスルーしています。

「スルーするなんてひどくない?!」と感じる方もいるかも知れませんが、クライアントも何百というWEBライターにスカウトを送っています。

私がスルーしたところでって感じでしょう。

辞退する

クラウドワークスでは、契約が成立する前にマニュアルが渡されることが多いです。

どんな記事にして欲しいか、どんなキーワードかなどWEBライティングするのに必要なことが書かれています。

このマニュアルを見てできそうなら契約してくださいという流れです。

ただ、このマニュアルを見て、かなりやることが多い場合も。

例えば、画像はここのを使って、ダウンロードしたらこのサイトで圧縮したものを貼り付けて、貼り付けるときはダウンロード元のサイトのURLを貼り付けて・・・。

商品のランキングを選ぶ際には、必ず10記事確認してランキングによって点数をつけて・・・。

文字の装飾はこれとこれはOKでこれはNGです。

とか、もうこと細かくマニュアルに書かれている場合があります。

このマニュアルを確認してから、この単価で割に合わないと感じたら辞退することもできます。

ただし、契約してからの辞退になると評価が下がってしまうのでご注意ください。

クラウドワークスに問い合わせする

クラウドワークスでは問い合わせフォームがあります。

もしもやばい案件があって、自分でどうしたらいいのかわからない場合は、なんでも問い合わせてるようにしています。

昔、一度納品したのに、クライアントが検証してくれず、連絡もない状態が続いたことがあります。

2週間くらい待っても全く音沙汰がなかったので、クラウドワークに問い合わせて催促のメッセージを入れてもらったことがあります。

結局クライアントから連絡がきて忘れていたそうです。

え?

まとめ

クラウドワークスはやばいのかについて解説してきました。

結局クラウドワークスをどう使うのかによって違ってきます。

副業で毎日3000円コツコツ稼ぐんだという方には使いやすくておすすめです。

反対に、クラウドワークスだけで食べていくんだ!という方にはちょっと使い勝手が悪いかも知れません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました