【主婦の副業】クラウドワークスをこの使い方は危ない!【騙されたいの?】

スポンサーリンク
未分類
プロフィール
この記事を書いた人

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • クラウドワークスで危ない使い方ってどんなの?
  • クラウドワークスで危ない案件ってどんなの?
  • クラウドワークスで危ない仕事をしない方法が知りたい

わたしは、クラウドワークス を4年やっている主婦のWEBライターです。

クラウドワークスで活動していると、「これは危ないなあ」と思うような仕事がゴロゴロしています。

そこで今回は、クラウドワークスの危ない使い方や危ない仕事について詳しくご紹介していきます。

また、クラウドワークスで危ない仕事をしないようにする方法もご紹介するので、主婦で副業としてクラウドワークスをお考えの方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クラウドワークスの危ない使い方

それでは、クラウドワークスの危ない使い方をご紹介していきます。

低単価の仕事を積極的にする

クラウドワークスには低単価の仕事がたくさんあります。

ライティングの場合、1文字0.1円くらいで3,000文字を書かせるといった仕事です。

実際にわたしは、クラウドワークスの低単価の仕事を半年やり続けていた黒歴史があります。

結局身についたスキルはタイピングが早くなったくらいです。

そのときの経験については下記で詳しくご紹介しています。

【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史
クラウドワークスのやばい案件てどんなの? クラウドワークスやばい案件に当たらないようにするためにどうしたら...

タスク形式の案件をひたすらやり続ける

クラウドワークスには、1時間程度でサクッと稼げるタスク形式の仕事があります。

クラウドワークス初心者であれば、タスク形式で経験してみるのがおすすめです。

ただ、クラウドワークスのタスク形式は10円とか100円とか超低単価の仕事しかありません。

ある程度タスク形式でやってみて、経験を積んだら早めにプロジェクト形式に移行しましょう。

プロジェクト形式は、クライアントと契約を結んでする仕事です。

契約と聞くと「なんか難しそう」と感じてしまうかも知れませんが、初心者でもできる案件もたくさんあります。

タスク形式をいくらしても稼げないので危ないですよ。

クラウドワークスライター4年やってみた【過去の自分に伝えたいこと】
クラウドワークスでライターをしようか迷っている クラウドワークスでライターをやってみたらどんな未来が待って...

クライアントの評価を確認しないまま契約する

クラウドワークスには、クライアントの評価がプロフィール画面で紹介されています。

これまで発注してきた案件や発注者としての評価もわかります。

クライアントと契約を結ぶ前には必ず評価を確認してからにしてください。

前にテストライティングは1記事100円という契約を結んだ際に、結局報酬が支払われなかったというやばい経験をしました。

全てが終わってから、クライアントの評価を見たらそういうやばい経験をした被害者達のコメントで溢れかえっていました。

そのときの経験については、下記で詳しくご紹介しています。

【クラウドワークスで実際にあったひどい案件】4年目なのに振り回される
クラウドワークスでひどい案件ってどんなの? クラウドワークスでひどい案件に遭うのは初心者だけ? クラ...

個人情報を教えてしまう

クラウドワークスの危ない使い方として、LINEや電話番号など個人情報を教えてしまうのは危ないです。

絶対に教えてはいけません。

クラウドワークスを使っているクライアントは、本人確認していない方もいます。

もしかすると、副業詐欺をしていてあらゆるアカウントを使い分けているのかも知れません。

そんな得体の知れないクライアントに大切な個人情報を教えるのは危ない使い方です。

知っているかいないかで全然違う!副業する前に知っておきたい詐欺の手口
副業が注目を集めています。安全な副業ももちろんありますが、なかには副業詐欺と呼ばれる詐欺もあります。騙されないためにも副業詐欺の実態や見分け方について知っておきたい知識をご紹介します。

やばいなと思いつつ契約してしまう

クラウドワークスの危ない使い方として、「これってもしかしてやばい案件なのかな?」と思いつつも「稼げたらいいか」と思って契約してしまうことです。

クラウドワークスでは、危ない案件を

  • 初心者でもできる
  • たった10分簡単作業で
  • 月30万円可能

といった魅力的な言葉で誘ってきます。

また、早く契約しないといけないような焦らすようなメッセージを送ってくるクライアントもいます。

ただ、どれもどこか「やばい案件なのかも」と頭をかすめるはずです。

そう感じた気持ちを絶対に無視してはいけません。

迷ったらクラウドワークス事務局に問い合わせるようにしましょう。

クラウドワークスの危ない案件

それでは、クラウドワークスの危ない案件にはどんなものがあるのかご紹介します。

ねずみ講

クラウドワークスの危ない案件として、ねずみ講の場合もあります。

だいたいが簡単作業で稼げるといいつつ、よくよく読んでみるとねずみ講への勧誘という流れが一般的です。

クラウドワークスでもねずみ講は禁止されています。

商品を着払いで買い取り

商品のレビュー記事作成の依頼を受けて、商品が自宅に送られてくるような契約となります。

商品代金が手違いで着払いになってしまい、料金を支払うとその後クライアントと連絡がつかなくなってしまったという危ない案件もあります。

レビュー記事のサクラ

クラウドワークスの危ない案件として、本当に商品を使ったことがないのにレビュー記事のサクラをするといった仕事があります。

レビュー記事でいいようなことを書かせることが多いです。

募集は終了したと伝え外部に誘導

好条件の案件の大量募集があったので、応募してみると

「今回は、ご応募ありがとうございます。応募者多数のために募集を終了いたしました。ただ、あなた様のプロフィールを見て素晴らしい実績であることがわかりました。弊社では、○○という案件を大量募集しております。安定収入も見込める案件です。ご興味のある方はLINEにご連絡いただければすぐにご案内します。」といったメッセージが返ってきます。

こういう危ない案件は、クラウドワークスを使っているよあるあるです。

名前をいろいろ変えて、募集をしている場合が多く、文面もほとんど同じです。

絶対に連絡してはいけません。

クラウドワークスで危ない仕事をしてしまう人の特徴

それでは、クラウドワークスで危ない仕事をしてしまう人の特徴についてご紹介します。

副業初心者

副業を始めるのにクラウドワークスは案件数も豊富で、初心者でもできる案件も多いので最適です。

ただ、そういった副業初心者を狙ってクラウドワークスでは、危ない仕事が紹介されています。

クラウドワークスを登録した人には、毎日のようにスカウトがきます。

初心者はクラウドワークスの危ない仕事とそうでない仕事の区別がつきにくいからでしょう。

クラウドワークスを始めたばかりに届くスカウトには十分注意しましょう。

【現役4年が回答】クラウドワークスでスカウトが来た【それやるつもり?】
クラウドワークスでスカウトが来たらどうしたらいい? クラウドワークスでスカウトが来たらやってみても大丈夫?...

未経験だから仕方ないと思っている

クラウドワークスは、無資格で未経験の人でもできる案件が豊富です。

ただ、人によっては低単価の案件をするのは「仕方ない」と思っている場合もあります。

もちろん高単価の案件は、ある程度知識やスキルが必要ですぐにできるものではありません。

だからといって低単価の案件ばかりをやり続けるのはおすすめできません。

情報弱者

クラウドワークスの仕事は一般的に低単価の案件が多いです。

クラウドワークスでばかり仕事を受注していると、低単価の案件が普通と思ってしまうことも。

ライターの場合、1文字1円からが相場とされています。

しかし、クラウドワークスでは1文字0.1円から0.5円がライターの相場感でもあります。

ライターとして稼いでいきたいと思うのであれば、クラウドワークスにこだわるのではなく外部契約を結ぶようにした方が稼げるでしょう。

【悪質】クラウドワークスでやばい案件をしてしまう人の特徴6選
クラウドワークスでやばい案件をしてしまう人ってどんな特徴がある? クラウドワークスのやばい案件をしてしまっ...

クラウドワークスで危ない仕事をしない方法

それでは、クラウドワークスで危ない仕事をしない方法をご紹介します。

クライアントの評価は必ず確認

クラウドワークスで契約を結ぶ前に必ずクライアントの評価を確認するようにしましょう。

もしも、やばいクライアントの評価がついていたら自分も危ない目に遭う可能性が高いです。

契約は見送りましょう。

納得してから契約

クラウドワークスで契約を結ぶなら、自分が納得してからにしましょう。

少しでもひっかかる部分があるのであれば、クライアントにどうなっているのか確認してみてください。

それでも納得できる返答がないのであれば、無理して契約する必要はありません。

契約前に辞退しても自分の評価を下げることはないので、ご安心ください。

個人情報は絶対に教えない

クラウドワークスで個人情報を教えてはいけません。

どんなに注意しても注意し過ぎることはありません。

クラウドワークスでは、うまいこといって個人情報を聞き出そうとするクライアントがいますが絶対に引っ掛からないようにしましょう。

やばいなと思った自分を信じる

クラウドワークスを使っていると、「やばそう」「危なさそう」という雰囲気がなんとなくわかってきます。

その感覚を大切にしてください。

わたしの経験上、やばい危ないクライアントはだいたいダメです。

迷ったときは問い合わせる

クラウドワークスでは問い合わせフォームがあります。

危ない仕事なのか大丈夫なのか迷ったら、問い合わせるようにしましょう。

1週間以内には返答があるので、その返答を見てから契約するか決めても大丈夫です。

まとめ

クラウドワークス の危ない使い方や危ない仕事をご紹介しました。

クラウドワークスを使うのであれば、危ない仕事には手を出してはいけません。

にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
未分類
スポンサーリンク
シェアする
小豆をフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました