【主婦の副業】4年目現役ライターだけが知るクラウドワークスで稼ぐ実態

クラウドワークス
プロフィール
この記事を書いた人
小豆

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • 主婦の副業でライターってどうなの?
  • 主婦が副業でクラウドワークスを使うのってどうなの?
  • 主婦が副業で未経験でライターってできるもの?

結論からいいます。

主婦が副業でライターをするのは、未経験でもできます。

毎日3000円くらいならコツコツ頑張れば稼げます。

クラウドワークスで4年間ライターをしている経験から、主婦が副業でライターをする実態についてご紹介しましょう。

【主婦の副業】クラウドワークスで未経験ライターでも稼げる理由

それでは、どうして未経験の主婦ライターがクラウドワークスで副業として稼げるのかについてご説明します。

クラウドワークスなら初心者歓迎の案件が豊富

クラウドワークスは、初心者歓迎の案件が豊富にあります。

実際にそういった案件は、WEBライターの専門的なスキルは必要なく文章を書いて納品すればいいだけなので、未経験でも十分こなせるレベルです。

クラウドワークスでは体験談が必要とされている

クラウドワークスで仕事を発注している方は、実際に体験した生の声を欲しがっています。

たとえば、クラウドワークスで重宝される体験談として

  • エステに通っていた
  • 脱毛をしたことがある
  • 面白い仕事をしていた
  • 意外なお金の稼ぎ方をしていた
  • ウォーターサーバーを使ったことがある
  • 金融機関で借入したことがある
  • ブライダルエステをしたことがある
  • 害虫駆除業者に依頼したことがある
  • 退職代行を頼んでことがある
  • 転職経験がある

といったものがあります。

こういう経験を実際に経験して体験談として書いてくれれば記事の質がグンとあがります。

記事の質が上がれば、読者満足度もあがるため発注する人のブログがたくさんの方に読まれるようになります。

ネットで調べて記事にできる

クラウドワークスでライターをする際に、もしもわからないことがあれば、ネットで調べて記事にできます。

もちろん丸パクリはいけませんが、自分の言葉にして表現すればOKです。

登録が無料

クラウドワークス に登録するのは無料です。

登録したらすぐに仕事を受注できます。

【主婦の副業】クラウドワークスでライターをしてから知ったこと

それでは、実際にクラウドワークスで主婦が副業ライターをやってから知ったことをご紹介します。

システム使用料が引かれる

クラウドワークスでは契約が成立して、報酬が発生した場合にシステム使用料として10万円以下なら20%のシステム使用料が引かれます。

詳しくはこちらをご確認ください。

20%って結構大きくて、もし3万円の仕事をしたとしても手元に入る金額は22,677円になってしまうのです。

もしも、主婦の副業として本気でライターをするのであれば、他のクラウドソーシングを検討してみてもいいかも知れません。

おすすめは、副業マッチングプラットフォーム【WorkAny】 です。

このサイトは、副業に特化していてライターの仕事もあります。

それに利用料が無料です。

もしも、ライター以外の副業の方がいいかもと思ってもワークエニーならすぐに探すことができます。

【4年目webライターが教える】クラウドソーシングは1社で入魂【始め方で間違うな】
WEBライターとして副業を始めてみたいな WEBライターをするならクラウドソーシングはどう選べばいいのかな? クラウドソーシングサイトってどこも同じでしょう? もしも1つでも思っているなら今回の記事を読んでみてくだ...

出金するのに手数料が必要

クラウドワークスでは、出金する際に手数料が必要です。

楽天銀行税込み100円・他行税込み500円/2014年3月31日以前の振込についてはそれぞれ105円・525円

私は、楽天銀行の口座を持っていなかったので、急いで楽天銀行口座を開設しました。

他行なら500円ですからね。

主婦には大金です。

低単価の案件が多い

クラウドワークスはやばいといわれるように、やはり低単価の案件が多いです。

低単価で初心者の主婦ライターを搾取しているような案件がゴロゴロしています。

実際に私も半年、1文字0.1円の低単価の案件をやりながら「稼げて嬉しい!もっと頑張れば!」と淡い期待を抱いていました。(自分がやばい)

【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史
クラウドワークスのやばい案件てどんなの? クラウドワークスやばい案件に当たらないようにするためにどうしたらいい? クラウドワークスやばい案件があるって本当? 私は、クラウドワークスでやばい案件とされる1文字0.1円...

クラウドワークスで仕事を発注している人は自分でブログを運営している

クラウドワークスで仕事を発注している人は、

  • 自身でブログを運営している
  • ブログの運営を代行している
  • 企業がブログ運営をしている

というのが一般的です。

そのため、クラウドワークスで仕事を発注している人は、契約金の何倍もの大金を得ているわけです。

クラウドワークスで副業主婦ライターが書いている記事も、手直ししてきれいな状態で公開しています。

応募してからかなり待たないといけない

クラウドワークスでライターの仕事に応募してから、サクッと決まることがあります。

サクッと決まる場合は、いいのですが、全く音沙汰なしで採用なのか不採用なのかもわからないことも少なくありません。

応募して1週間くらいしてから返事がくることも珍しくないのです。

ですので、いい感じの案件を見つけたら一先ず応募しておくのが上手に稼ぐコツです。

【主婦の副業】クラウドワークスでライターをしていてよかったこと

それでは、主婦が副業としてクラウドワークスのライターをしてみてよかった点をご紹介します。

案件数が豊富

クラウドワークス はランサーズに並ぶ日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

主婦が副業でライターをするなら必ずおすすめされています。

名前も知れているだけあって、案件数はかなり豊富です。

探せば初心者からプロまで、確実に仕事はみつかります。

実績やスキルが身についた

クラウドワークスで4年間ライターをしてきました。

お陰で4年前には全く知らなかったスキルが身につきました。

それに、クラウドワークスでは、仕事をすると評価として蓄積されていきます。

これが実績となり、次に応募したときにクライアントが採用する際の判断材料となります。

また、私のプロフィールを見て「ぜひ記事を書いてほしいです」とスカウトされることもあります。

プロになれば高単価の案件がゲットできた

クラウドワークスには、プロ認定制度があります。

プロになれば高単価の案件がゲットしやすくなり、スカウトもひっきりなしにくるようになります。

今ではスカウトできた好条件の案件のみでも稼げるようになりました。

【主婦の副業】クラウドワークスで成功するにはプロになるしかない
クラウドワークスで記事作成のライターをしています。2年間続けていたら気が付いたらプロになっていました。始めた頃は、1文字0.1円くらいばかりの仕事を疲弊していて「プロになったら稼げるようになる」とネットの情報を見つけてから「いつになったらプロになれるんだ?」と思っていました。

【主婦の副業】クラウドワークスでライターをしていてよくなかったこと

逆に主婦が副業でクラウドワークスでライターをしていてよくなかったことについてご紹介します。

低単価の案件が多い

クラウドワークスは、低単価の案件が多いです。

そのためいくらやっても稼げないことも。

長期契約してもらったら単価アップの交渉をしてみようかと思った時期があります。

ですが、実際に単価アップの交渉メールをしてみると「単価アップできないので、今回限りで終了にしましょうか?」と返事されたことがあります。

単価アップはなかなか難しいです。

システム使用料が高い

先ほどもご紹介しましたが、システム使用料が高いのはネックです。

せっかく3万円分働いても、結局7千円くらいはなくなるんですからね。

主婦にはきつい。

ひたすら記事を書いていないと仕事がなくなる

クラウドワークスでは専属ライターとなって、記事を書いていると納品する数によって単価がアップしてくれるクライアントさんもいます。

この場合、たくさんやればそれだけ単価も高くなるので、毎日必死に納品します。

そして、仕事を受注する時は、専属ライター達で仕事の取り合いです。

新規受注があれば、瞬間で仕事がなくなるので、そこは熱い戦いが繰り広げられるわけです。

この専属ライターをやっていた時期は月17万円は稼げました。

ただ、休めない。

ひたすら昼も夜も記事を書き続けるような毎日でした。

まとめ

未経験の主婦が副業でクラウドワークスでライターをする実態についてご紹介しました。

毎日3000円くらいコツコツ稼げる副業がいいという方にはぴったりなのではないでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました