【主婦の副業】WEBライターの闇を4年目で痛感【やばい世界】

スポンサーリンク
WEBライター
プロフィール
この記事を書いた人

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • WEBライターの闇ってある?
  • WEBライターを主婦が副業でやるのって闇?
  • WEBライターの闇を経験した?

まずは結論から、「WEBライターの闇」はあります。

4年WEBライターをしてきましたが、「WEBライターってこんな闇世界?」と震えた経験は1度や2度ではありません。

そこで今回は、4年WEBライターをしてきて経験した闇とその闇から抜け出すためにやった方法をご紹介します。

スポンサーリンク

WEBライターの闇

WEBライターの闇についてご紹介します。

先に申しておきますが、わたしが活動しているのはクラウドソーシングのクラウドワークス でWEBライターを4年やっています。

そのクラウドワークスでの感じたWEBライターの闇についてです。

低単価の案件しかない

クラウドワークスのWEBライターは、1文字0.1円くらいの案件がごろごろあります。

初心者でクラウドワークスのWEBライターを始めたては、1文字0.1円の仕事くらいしか表示すらされませんでした。

1文字0.1円のWEBライターの仕事って、3,000文字書いて300円ですからね。

これでは稼げません。

闇ですよね。

そのときの体験談については下記で詳しくご紹介しています。

【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史
クラウドワークスのやばい案件てどんなの? クラウドワークスやばい案件に当たらないようにするためにどうしたら...

いくらやっても時給1000円は届かない

クラウドワークスでWEBライターを4年やっていますが、時給換算してみると1000円いかないことがほとんどです。

高単価の案件1文字1円とか2円とか3円のお仕事をいただいたとしても、高単価になればなるどほ求められているものが多く、リサーチも推敲も必要です。

高単価の案件の継続依頼をいただくには、高品質の記事をスピーディーに納品できないといけないため、かなりきついです。

そうやって魂をこめてWEBライターの仕事をしても、時給1000円には届きません。

いくらやっても楽になれないWEBライターの闇です。

膨大な仕事量で疲弊

WEBライターと一口にいっても、文章を書くだけというわけではありません。

  • 画像の挿入
  • 文字の装飾
  • キーワード選定
  • SEO対策
  • タイトル決め
  • 見出し作成
  • ライバル記事の研究
  • 取材

といった作業も必要です。

こうした作業はサクサク進めばいいのですが、そうはいきません。

WEBライターをしていると「ここまでしなくちゃいけないの?」と闇に感じてしまうときがあります。

1文字単価がよくてもほかの作業が膨大

クラウドワークスでプロのWEBライターになると、1文字単価0.8円から1円といった高単価の仕事もあります。

1文字単価1円であれば、3,000文字書けば3000円いただけるのでとても嬉しいですよね。

しかし、WEBライターの闇はそうは甘くありません。

1文字1円とかの高単価のWEBライターの仕事は、だいたい1万文字とかです。

1記事書けば1万円もいただけるのですが、記事を書くまでの前段階でそれはそれは恐ろしいくらいのリサーチは必要です。

リサーチをして、だいたい1記事仕上げるのに1週間は必要です。

そうなると1週間で1万円が収入になってしまいます。

これをよしとするのかしないのか、WEBライターとして継続依頼をしてもらえるのかがわかれます。

これって結構闇ですよね。

【主婦の副業】クラウドワークスで成功するにはプロになるしかない
クラウドワークスで記事作成のライターをしています。2年間続けていたら気が付いたらプロになっていました。始めた頃は、1文字0.1円くらいばかりの仕事を疲弊していて「プロになったら稼げるようになる」とネットの情報を見つけてから「いつになったらプロになれるんだ?」と思っていました。

使い捨て

WEBライターの闇として、WEBライターは基本的に使い捨てです。

クラウドワークスを利用している人は質の高い記事を書いてくれる人を探しています。

それも低単価でやってくれれば助かりますよね。

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングだけあって利用者は豊富です。

クラウドワークスの利用者が多い分、「低単価でもやります!」という方はいます。

また、高単価の仕事がもらえるWEBライターでも、何か一つでもヘマや失敗があればそれから先は仕事は回ってきません。

だって、ほかにいくらでも同じくらいのレベルのWEBライターはいるからです。

【体験談】WEBライターの闇を感じた経験

実際にWEBライターの闇を感じた体験談をご紹介します。

無償テストライティングの闇

WEBライターは、質の高い記事が書けるかどうかテストされることがあります。

クラウドワークスの場合、テストライティングでも本番と同じ報酬を支払ってくれるクライアントさんがほとんどです。

ただ、中には100円とか200円とか超低単価のテストライティングをするクライアントさんもいます。

それも1000円以上にならない場合はお支払いできません。

とマニュアルに書かれていることも。

そのときの詳しい体験談は下記で詳しくご紹介しています。

ライターの仕事がつらい理由6選【焦ってやった黒歴史】
ライターの仕事がつらい理由って何? ライターの仕事がつらいのになんでやめないの? ライターの仕事がつ...

初心者WEBライターをスカウトで狙う闇

クラウドワークスでは、初心者のWEBライターを狙ってスカウトが毎日のようにきます。

これって、その人がWEBライターとして素質があるという意味ではなく低単価の案件をやってくれる人を探しているだけです。

毎日のようにくるスカウトにWEBライターの闇を感じました。

【現役4年が回答】クラウドワークスでスカウトが来た【それやるつもり?】
クラウドワークスでスカウトが来たらどうしたらいい? クラウドワークスでスカウトが来たらやってみても大丈夫?...

単価アップは絶対しない闇

稼げるWEBライターは、継続してくれたクライアントに単価アップ交渉をするというのが通例となっています。

単価アップ交渉に応じてもらえれば、これまでと同じ仕事内容で倍近くの報酬を受け取れるのですから、WEBライターの腕の見せ所でもあります。

ただ、クラウドワークス4年目のWEBライターの肌感覚として単価アップ交渉は成功しません。

「緊急でお願いします!単価アップします」というものはありますが、こちらから「単価アップしてもらえないでしょうか?」と切り出したら「今回で契約終了にしましょうか?」という返事がきます。

さきほどいった通りWEBライターは使い捨てなので、単価アップするくらいならほかのWEBライターに頼むほうがいいですもんね。

WEBライターは誰が書いても一緒の闇

WEBライターをやっていると、「これって自分だけができる仕事じゃないよなあ」と闇を感じることが大いにあります。

WEBライターをしているとクライアントさんから、膨大なマニュアルがもらえるのですが、そのマニュアルに添って記事作成をすれば誰が書いても、一緒という闇を感じずにはいられません。

「やめたいです」「了解です」

クラウドワークスでWEBライターを4年やっていますが、こちらから辞退をしてもたいてい「了解です」となんともあっけない終わり方です。

こちらとしては、できるだけの仕事をやってきたつもりですが、クライアントとしては使い捨てのWEBライターが1人辞めたというだけなのだと実感する瞬間です。

今ではそこまで傷つきませんでしたが、当時はかなりへこみましたね。

WEBライターって闇が深いともっとも感じた経験です。

WEBライターの闇を逃れるためにブログを始める

WEBライターの闇を感じた経験から自分でブログを始めることにしました。

全く稼げない時期

WEBライターをしてきた経験を生かして、ブログを始めてはみたのですが、最初の頃は全く稼げない・アクセスがない・誰も見に来ないそんな状態でした。

そのときは、WEBライターとして闇を感じつつも、ブログで稼げないから精一杯やらないと!という感じでやっていました。

8ヵ月でようやく収益発生

ブログを始めて8ヵ月にしてようやくアクセスがでるようになりました。

アクセスがあると比例するように収益も発生し始めました。

毎日1000円から3000円コツコツ稼ぐ

収益が出始めると毎日1000円から3000円コツコツと稼ぐことができるようになっていました。

ブログの収益は、自分が寝ていても・遊んでいても・買い物をしていても・掃除していても入ってきます。

ブログが年中無休で働いてくれているといったイメージです。

そのため、毎日コツコツ稼げています。

【やってみた】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法は本当に再現性があるのか?
「毎日3000円 コツコツ稼ぐ方法」 「毎日短時間でコツコツ3000円」 「毎日3000円がほぼ放置...

いつダメになるか分からない怖さ

ブログを始めてみてからようやく気が付いたのですが、ブログはいつダメになるのかわかりません。

ブログの先輩方をみていても、急にくるダメージが計り知れないです。

ブログを始めた頃にはまったく感じることができなかった感情をようやく感じることができています。

WEBライターで培ったスキルが生かせる

ブログを始めてみて、あんなに闇と感じていたWEBライターのスキルが生かされていることは感じます。

もしも、WEBライターをしていなかったら、何をどうしていけばいいのかもわからなかったです。

また、WEBライターの闇だと感じたあの膨大なマニュアルの偉大さを感じずにはいられません。

誰が書いても同じ質になるように書かれたマニュアルは、ブログで稼ぐために必要な重要事項が書かれていたのだなあとしみじみ感じています。

WEBライターのスキルはほんの一握りだった

WEBライターとしてクラウドワークスで4年やってきたこともあり、ブログを始めた頃は自分に自信がありました。

自分の書いた記事が1万円とか2万円とかになっていたからです。

ただ、自分でブログをやってみるとWEBライターのスキルはブログ運営ではほんの一握りで、WEBライターが記事作成をする仕事は末端の末端の仕事だということがわかりました。

クラウドワークスでWEBライターに仕事を依頼している方たちも、WEBライターに仕事を依頼するまでにもリサーチから研究までも外部に依頼している方もいます。

本当にブログで稼いでいる方は、そうやって収益を得ているんだと改めてブログの深さを感じた瞬間です。

【WEBライターからブログ運営】いいこと尽くめだった件
WEBライターからブログ運営ってどうなの? WEBライターやっているならブログやった方がいい? WE...
【ど素人がConoHa WINGでブログ開設】丁寧な始め方やつまづきポイント
まったくの素人だけどブログを始めてみよう ブログの始め方が知りたい 自分がブログ始められるか不安 ...

まとめ

WEBライターをやってきて感じた闇をご紹介しました。

WEBライターの闇はかなりショッキングではありました。

ただ、自分のブログを始める勇気を与えてくれたことは間違いありません。

【ど素人がConoHa WINGでブログ開設】丁寧な始め方やつまづきポイント
まったくの素人だけどブログを始めてみよう ブログの始め方が知りたい 自分がブログ始められるか不安 ...
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
WEBライター副業
スポンサーリンク
シェアする
小豆をフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました