【悲惨】主婦がWEBライターになって辛いこと8選【失ったもの】

スポンサーリンク
WEBライター
プロフィール
この記事を書いた人

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • WEBライターって辛いの?
  • WEBライターの辛いのってどんなところ?
  • WEBライターが辛い時期になにをした?

結論から先に「WEBライターは辛い」です。

そこで、実際にWEBライターをしているわたしの経験を元にWEBライターが辛い理由を8つご紹介します。

先に申しておきますが、これからWEBライターをやろうと思っている方も気持ちをそぐために書いていません。

ただ、WEBライターになったらこんな辛いこともあるんだなあという感じで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

WEBライターが辛い理由

WEBライターが辛い理由を8つご紹介します。

初心者の頃は低単価の案件しかない

まったくの未経験でWEBライターを始めたので、まずは仕事がもらいやすいクラウドワークス でWEBライターの仕事を受注しました。

まあ、低単価の仕事しかできません。

10円とか200円とかそんな案件をしたり、1文字0.1円の記事を書き続けたりしていました。

そのときの黒歴史については下記で詳しくご紹介しています。

クラウドワークスのライターは低単価が当たり前【4年目で気が付いた真実】
クラウドワークスのライターの単価ってどれくらい? クラウドワークスのライターって単価が低いって本当? ...

クラウドワークスのシステム利用料に泣かされる

クラウドワークスは、無料で登録ができますが、契約が成立して報酬が支払われるとシステム利用料が引かれます。

10万円までなら20%ですからね。

かなり辛いですよ。

もしも3万円の仕事ができたとしても、ワーカーの受け取れる金額が22,677円です。

7千円近く引かれてしまうのですから、結構辛いです。

【そんなの聞いてない】クラウドワークスシステム利用料に泣かされる主婦
クラウドワークスのシステム利用料ってやばくない? クラウドワークスのシステム利用料で手取りが激減 ク...

休めない

クラウドワークスでWEBライターの好条件の契約が取れる場合もあります。

ただ、こういった仕事は受注できる間は何もかもほっぽりだしてひたすら書き続ける必要があります。

クライアントも必要記事数が決まっているため、希望の記事数ができてしまえばそこから仕事が受注できなくなってしまいます。

そういうときWEBライターは、朝も昼も夜もありません。

仕事をある限り、ひたすら休まずに書き続けないといつ契約が終了するかわからないので辛いなあと痛感します。

外で働くか迷う

WEBライターが辛いので外で働くか迷うときがあります。

なんせWEBライターは孤独に家で1人で作業しているので、ときどき「あ、今日家族以外としゃべってない」なんてことが普通にあります。

安定して稼げない

WEBライターが辛いのは安定して稼げないことです。

もちろん月30万円以上安定して稼ぐWEBライターさんもいます。

ただ、わたしのように未経験から始めたWEBライターでは、ここまでは稼げません。

いつ契約が切られるかわからない分、とても不安定な収入なのは辛いです。

孤独

WEBライターは、基本的に家で1人でパソコンに向かって作業をしています。

そのため常に孤独です。

同僚がいてたわいのない話をして気分転換をするといったことができません。

また、自分のWEBライターとしてのやり方はあっているのかもよくわかりません。

どれも独学で学んできたからです。

WEBライターは勉強が必要?【結論】お金を稼ぎながら学べる
WEBライターとして仕事をもらうには勉強しないといけない? WEBライターは未経験から始めるのは無謀? ...

パソコン作業で腰痛・肩こり・目の疲れ

WEBライターはパソコンで作業をするので年がら年中腰痛・肩こり・目の疲れは職業病みたいになっています。

意識して運動はしていますが、どうしても仕事が立て込んでいるとからだがバキバキになってしまいます。

家で何をしているのか説明できない

ママ友と話をしているときに、「仕事してる?」みたいな話になりますよね?

そのときに「家で仕事してる」と答えています。

「WEBライターをしている」と言ってもだいたいみんな「?」の顔になります。

ですので、ふわっとした回答をしています。

WEBライターについて説明しようとするとだいたい「そうなんだ、すごいね」という感じで「よくわからない」という感じで変な空気で終わります(笑)

WEBライターが辛い【わたしが失ったもの】

WEBライターが辛い理由として、失ったものがあることも大きいです。

WEBライターになったことでわたしが失ったものをご紹介します。

時間

圧倒的にWEBライターになったことで「時間」を失いました。

WEBライターをはじめた当初は、もっと優雅な仕事だと思っていました。

実際にやってみると、仕事があるときは昼夜関係なく仕事をしないといけないし、ブログを書かないと気持ち悪くてソワソワしてしまいます。

WEBライターの仕事で「毎日10分作業で月100万円」とか言っている方は、そこまでの領域になるまでかなりの努力と積み重ねがあるのだと思います。

人間関係

WEBライターが辛いのに、人間関係がなくなったことがあります。

外で働いていた頃は、人間関係で悩むこともありますが、人間関係で助けられたことがたくさんありました。

WEBライターになってみると、人間関係は皆無です。

時々気さくなクライアントさんが「今日は雨ですね」「子供が熱をだしてしまいました」みたいなやりとりをしてくださるときがあります。

それくらいでほとんどがWEBライターの仕事の話しかしません。

そういう部分はWEBライターが辛いなと思いますし、失ったものです。

WEBライターが辛いときにためしてみたこと

WEBライターが辛くて辛くて仕方がない時期がありました。

その時期にいろいろもがいてやってみたことがあります。

外部の求人に応募してみた

クラウドワークスを離れて外部の求人でWEBライターで応募してみたことがあります。

そのときは、クラウドワークスではプロにもなっていて、応募したら即採用みたいな時期だったのでWEBライターとしても「できるだろう」と思っていました。

しかし結果は惨敗です。

自分がいかにWEBライターとして価値提供できない人間なのか自覚しました。

【主婦の副業】クラウドワークスで成功するにはプロになるしかない
クラウドワークスで記事作成のライターをしています。2年間続けていたら気が付いたらプロになっていました。始めた頃は、1文字0.1円くらいばかりの仕事を疲弊していて「プロになったら稼げるようになる」とネットの情報を見つけてから「いつになったらプロになれるんだ?」と思っていました。

自分でブログを運営してみた

それまでクラウドワークスだけでWEBライターをしていました。

「自分でブログを運営してみたいな」とは思っていたのですが、なかなか勇気が出ずにいました。

ただ、WEBライターが辛いのと長期継続契約してくれていたクライアントとの契約が切れたタイミングで自分のブログを運営してみることにしました。

ConoHa WING を使えば、素人でもブログ開設がサクッとできてしまいました。

【クラウドワークスやばい?】賢い主婦は搾取されないためにブログに活用する
クラウドワークスはやばいクライアントが多い クラウドワークスは怖い案件が多い クラウドワークスはやば...
【ど素人がConoHa WINGでブログ開設】丁寧な始め方やつまづきポイント
まったくの素人だけどブログを始めてみよう ブログの始め方が知りたい 自分がブログ始められるか不安 ...

ゆっくりしてみた

WEBライターが辛い時期はなにをやってもだめでした。

外部の求人は採用されませんし、ブログも全く稼げないし、アクセスすらない時期でした。

それでもう開き直って、ゆっくりと過ごすことにしました。

WEBライターから離れてアンケートモニター でポチポチアンケートに回答したりしていました。

【副業】アンケートモニターのおすすめサイト【マクロミルの評判】
副業してみたいけど、簡単なものがいい スマホでできる簡単な副業がいいな 主婦の隙間時間を副業にできる...

WEBライターは辛いけどやめない理由

WEBライターは辛いです。

しかし、WEBライターをやめるという選択は今のわたしにはありません。

それはどうしてなのかご紹介しましょう。

在宅でできる

WEBライターは辛いですが、在宅でできるのはとてもメリットに感じています。

主婦が家にいると家事もできますし、子供の急な予定変更にも対応できます。

何より通勤しないでいいので、通勤電車のストレスや時間的な拘束はなくなりました。

ブログで毎日1000円から3000円コツコツ稼げている

WEBライターが辛い時期に始めたブログですが、8ヵ月過ぎるまで全くアクセスがなかったです。

それが8ヵ月超えたあたりからポツポツとアクセスがあるようになりました。

おかげさまで収益もあって、毎日1000円から3000円くらいはコツコツ稼げています。

もちろん今でもブログについて毎日のように「これでいいのかな?」「間違っていないかな?」という不安とは隣り合わせではありますが・・・。

文章を書くのが好き

WEBライターは辛いですが、結局文章を書くのは好きです。

ゆっくりした時期に、ひたすら人様のブログを読み漁っていました。

人様のブログを読めば読むほど「自分もやってみたい」という気持ちがフツフツと沸いてきました。

今でも、WEBライターが辛いと思ったら人様のブログを見てゲラゲラ笑ったり、感動したり、怒ったりして自分のモチベーションに繋げています。

在宅で月30万円以上目指すなら「コールシェア」

在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」 は、コールセンターの業務を在宅で行います。

これまでコールセンターの経験がなくてもサポート体制が充実しているので心配いりません。

月30万円を稼ぐ方もいるくらい、高収入を狙えます。

【在宅ワーク・副業に】コールシェアの受電はスマホ1つで自宅でコールセンターの仕事ができる
自由な働き方がしたい! 好きな時間に勤務したい! スキルや資格がなくてもできる在宅ワークはないかな?...

まとめ

WEBライターが辛いです。

ですが、その辛さを上回るメリットも十分感じています。

にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
WEBライター
スポンサーリンク
シェアする
小豆をフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました