【現役5年】クラウドワークスで月10万円稼ぐコツ

スポンサーリンク
クラウドワークス
プロフィール
この記事を書いた人
小豆

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • クラウドワークスで月10万円稼ぐコツが知りたい
  • クラウドワークスで月10万円稼げたとき何していた?
  • クラウドワークスで月10万円稼ぐならどんな仕事内容がいい?

わたしは、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」 で5年間WEBライターをやってきました。

そこで今回は、クラウドワークスで月10万円稼ぐためのコツをご紹介します。

はじめにお伝えしたいのですが、【断言】クラウドワークスやめたほうがいい【稼げない・やばい・きつい】の記事で書いている通りクラウドワークスはやめたほうがいいと思っています。

それでも月10万円クラウドワークスで稼いでいたときに培ったコツをご紹介しますが、かなりきつかったです。

スポンサーリンク

クラウドワークスで月10万円稼ぐコツ

クラウドワークスで月10万円稼いだときにやっていたコツをご紹介します。

とにかく実績を積む

クラウドワークスでは、【クラウドワークスで未経験者は稼げるのか】現役4年目が答える真実でご紹介している通り、全くの未経験からでも稼ぐことができます。

しかし、【現役4年が回答】クラウドワークスでスカウトが来た【それやるつもり?】で書いている通りクラウドワークス初心者は低単価で膨大な作業量の仕事しかきません。

そういった低単価の仕事やタスク形式をひたすらやっていても、月10万円は稼げません。

かといって、実績がなければ月10万円稼げる仕事ができないので、ただひたすら実績のために仕事をやってきました。

この時期は、【現役5年回答】クラウドワークスで採用されないんですけど(涙)の記事で書いている通り何度も採用すらされなかったです。

採用されなくても、ただただ実績のためひたすら応募と納品を繰り返しました。

1文字0.5円の専属ライターになる

クラウドワークスで月10万円稼げるようになるために、1文字0.5円の専属ライターになるのが手っ取り早いと感じています。

1文字0.5円の仕事内容については、クラウドワークスのライター文字単価0.5円の仕事内容【初心者におすすめ】で書いているので参考にしてください。

1文字0.5円の専属ライターになると、クライアントの独自のシステム内で新規案件の受注・納品・検証・修正依頼・完了がなされます。

クラウドワークスでいちいち応募・契約・納品・完了の一連の作業がないので時間のロスを防げます。

また、新規案件が豊富なので仕事がないという状態を回避できます。

クラウドワークスで月10万円稼ぐには仕事がない状態になったら無理。

1文字0.5円の専属ライターなら仕事ない状態は回避できます。

関連記事:【4年目が回答】クラウドワークスで仕事ない問題の対処法・失敗談

マニュアルを頭に叩き込む

1文字0.5円の専属ライターは、膨大なマニュアルが渡されます。

マニュアルを読み込むのにかなり時間がかかりますが、とにかくマニュアルを頭に叩き込みます。

慣れてくると、マニュアルが頭に完全に入った状態で記事作成できるためスムーズに仕事が進みます。

とにかく時間があるときは仕事する

最初の1記事目は、マニュアルを確認しながら進めるためかなり時間がかかりますが、とにかくマニュアル通りの記事作成ができるようにします。

そして、時間のあるときは常に仕事をします。

早朝から起きてやったり、深夜まで仕事をすることもありました。

日中は、とにかくできる限り仕事をし続けました。

新規案件が募集されるタイミングを逃さない

1文字0.5円の専属ライターになると新規案件が募集されたタイミングで、新しい案件を受注する必要があります。

ルールとして、新規案件を受注できるのは先に受注している記事を納品して検証待ちにしておく必要があります。

新規案件がいつ開くかは、決まっていないので常に検証待ちにして新規案件を受注できる状態にしておかないといけません。

ここで新規案件を逃せば、クラウドワークスで月10万円を稼ぐのは無理です。

新規案件が募集されるタイミングで受注しないといけないので、常にパソコンに張り付いていましたね。

修正のない記事作成

1文字0.5円の専属ライターは、マニュアル通りの記事作成が求められます。

そのため、マニュアルからずれていると容赦なく修正依頼がきます。

修正依頼が続くと契約破棄になる可能性もあるため、常に修正のない記事作成を心がけます。

何度も同じ修正依頼があると契約破棄になるので、注意が必要です。

納品記事数によって単価がアップする

1文字0.5円の専属ライターの仕事は、ひと月の納品数によって単価がアップされるクライアントが多かったです。

ですので、より多くの記事数を納品できるように、時間のあるときはひたすら仕事をしていました。

文字数によっても単価が違うので、自分が最も効率良く記事作成できる仕事を瞬時に判断して受注する必要があります。

クラウドワークスで月10万円稼ぐためにやった失敗談

クラウドワークスで月10万円稼ぐためにやった失敗談をご紹介します。

1文字1円の案件に全力集中

クラウドワークスで月10万円稼げるようになると、時々1文字1円くらいのスカウトが来ることがあります。

1文字単価が高いとそれだけ報酬も高くなります。

ただ、単価の高い仕事はそれだけ求められるものも多く、リサーチや記事構成、推敲といった低単価の仕事以上のものが求められます。

しかし、スカウトで1文字1円を出してくれるクライアントは、継続できれば月10万円は狙えます。

そのため全力投入で1文字1円の仕事に取り組んでしまいました。

結果、専属ライターの単価は下がり、1文字1円のスカウトも1回限りで終わってしまったためクラウドワークスで月10万円稼ぎそこねた失敗談です。

いろいろな仕事に応募しまくる

クラウドワークス初心者の頃は、【現役4年目が回答】クラウドワークス初心者が選ぶべき仕事内容を参考にいろいろな仕事に応募するのはありです。

ただし、クラウドワークスで月10万円稼ぐのであれば、いろいろな仕事に応募しまくるのは時間のロスが大きいです。

それよりも専属ライターになって、ひたすら時間の限り記事作成と納品を繰り返す方が効率的です。

クラウドワークスで応募して返事をくれたクライアントには迅速丁寧に返事をするのは必須。

その時間があるなら専属ライターに集中した方がクラウドワークスで月10万円稼げる確率は上がります。

複数の仕事を抱えて納期に追われる

クラウドワークスで月10万円稼ぐために、複数のクライアントの仕事を抱えていた時期があります。

この方法はおすすめしません。

理由は、クライアントによってマニュアルが違うため、ズレが生じてしまうことです。

1社に絞ってマニュアル通りに記事作成をした方が、いちいちマニュアルの確認をする時間のロスが防げるので、クラウドワークスで月10万円稼げるようになると思います。

テストライティングでただ働き

専属ライターに応募する際、テストライティングをするクライアントがいます。

テストライティングに合格できれば、専属ライターになれる!と思って挑戦したのですが、結局報酬がもらえなかった失敗談があります。

そのときの体験談は下記で詳しくご紹介しています。

【4年目にして遭遇】クラウドワークスでむかつくクライアント
クラウドワークスでむかつくクライアントがいた クラウドワークス4年やってきたけどむかつく体験 クラウドワークス4年やってますけどこんなむかつくクライアントはじめて わたしは、クラウドワークスを使ってきて5年目になり...

専属ライターの契約切れ

クラウドワークスで月10万円稼ぐために、専属ライターになったひたすら納品し続けるというのは5年やってきて生み出したコツです。

しかし、この方法だと専属ライターの契約が切れたら途端にクラウドワークスで月10万円稼いでいたライターから、クライアントがいないライターに転落してしまいます。

専属ライターのクライアントによっては、「来月で一旦新規案件募集を止めます」と教えてくれる場合もありますが、たいてい突然知らされます。

【ツイッターから】クラウドワークスで月10万円稼ぐコツ

ツイッターからクラウドワークスで月10万円稼ぐコツについて調べてみました。

クラウドワークスから直接契約にしてもらう

同時に複数の案件を進める

クラウドワークスいがいも使ってみる

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

ブログを始めてみる

【主婦がブログで稼ぐ】始め方と仕組み【副業するなら一択】
主婦がブログで稼ぐなんてどうするの? 稼げる主婦ブログの始め方が知りたい 主婦がブログで稼ぐってどういう仕組み? 主婦がブログをどうやって始めたらいいのか分からないですよね? わたしも全然わかりませんでした。...

【体験談】クラウドワークスで月10万円稼いでいたとき

クラウドワークスで月10万円稼いでいたときのリアルな体験談をご紹介します。

毎日新規案件受注のためにひたすら記事作成

専属ライターになったら、毎日新規案件が受注できないと月10万円は無理です。

そのため新規案件を受注するためにひたすら仕事をやり続けていました。

だいたい11時とか16時とかに新規案件が募集されるかなあというかなりアバウトな感じだったので、毎日パソコンにかじりついていました。

心休まるときは新規案件受注できたとき

新規案件が受注できれば、ホッと一息つけます。

しかし、新規案件が受注できないとかなり焦ります。

仕事がなければクラウドワークスで月10万円なんて無理ですからね。

新規案件が受注できないと地獄

新規案件がオープンになると一瞬でなくなります。

恐らくわたしと同じようにクラウドワークスで月10万円は稼ぎたいと思っているライターが新規案件受注のために構えているのだと思います。

椅子取りゲームのように、一瞬でなくなります。

逃してしまえば月10万円は稼げません。

逃したときのショックは地獄です。

いきなり切られた専属ライター

専属ライターは、採用されて何ヵ月かは調子よく月10万円稼ぐことができます。

しかし、その日は突然やってきます。

必要な記事数に達したので、新規募集を来月締め切ります。

とクライアントからメッセージが届きます。

これはもう死活問題です。

新たなクライアントを求めて奔走

また始め方新しいクライアントと求めて奔走しなければいけません。

そして膨大なマニュアルを頭に叩き込んで、毎日新規案件受注のために奔走するのです。

ブログを始める

クラウドワークスで月10万円稼ぐのがいかにきついか分かってきて、「このままでいいのか?わたし」と思う時期がありました。

そこで、思い切って自分でブログを始めてみました。

【副業やってみた】主婦がブログで月5万円稼げるまでの軌跡【沼にはまった】
主婦が副業でブログやってみたらどうなる? 主婦が副業でブログやってみた体験談が知りたい 主婦が副業でブログやってみたいな 平凡な主婦が副業でブログを始めて月5万円稼げるようになったので、それを記念してこれまでの軌跡...

まとめ

クラウドワークスで月10万円稼ぐのはなかなかきついのが実情です。

けれど、クラウドワークスで月10万円稼ぐならどうしますか?と聞かれればこの方法しか思いつきません。

にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
クラウドワークス
スポンサーリンク
小豆をフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ

コメント