【WEBライターやめた】5年間やらかした失敗談

スポンサーリンク
WEBライター
プロフィール
この記事を書いた人
あずき

会社員→専業主婦→フリーランスになった40歳主婦です。
子どもが小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドワークスでWEBライター・ブログ・ツイッター・インスタをしています。

あずきをフォローする
  • WEBライターの失敗談が知りたい
  • WEBライターってどんな失敗談があるの?
  • 5年WEBライターをやってみてやめた理由が知りたい

筆者は、クラウドワークスでWEBライターを5年やってきました。

先に結論からいうとクラウドワークスでWEBライターをやるのはやめたほうがいいです。

クラウドテックに移行しないといつまで経っても稼げないし、きついです。

スポンサーリンク

【WEBライターやめた】5年間やらかした失敗談

では、実際の失敗談をいくつか紹介していきます。

2ヵ月放置され続けた失敗談

WEBライターの仕事は、記事作成して欲しい人(クライアント)との契約で成り立ちます。

クライアントによっては、その契約までの期間が異常に長い場合もあります。

こちらとしても、契約してもらえれば、その仕事を納期までに完成させたいという思いがあるので、採用された場合を想定して仕事に応募します。

それなのに、クライアントによっては契約をするのかしないのか、連絡がないまま2ヵ月待たされる場合も。

2ヵ月待たせた挙句「今回は、応募者多数のため採用を見送ります」となることも少なくありません。

画像埋め込み時間をロスする失敗談

WEBライターといっても、画像添付が仕事に含まれる場合があります。

画像添付とは、ブログ内で使う画像を用意して、記事に埋め込む仕事です。

クライアントによっては、画像をただダウンロードしただけではなく、そこから様式を変更して納品するようにと指示される場合も。

これってなかなかの手間なんです。

やらなければいけない手順として

  • 画像サイトに登録
  • 画像の検索・選定
  • ダウンロード
  • 画像の加工

このようにWEBライターなのに、画像の加工が要求されるわけです。

画像は無料でダウンロードできる場合や会員登録が必要な場合もあります。

画像サイトによっては、かなり重たい場合もあってサクサク進まないこともざら。

広告をやたらと見せられてからでないとダウンロードさせてもらえないこともあります。

バグもよく発生するので、画像を埋め込むまで記事はできているのに納品できないという事態に陥ってしまいます。

テストライティングを無料でやった失敗談

クラウドワークスでWEBライターをやっていると、本契約の前にテストライティングがあります。

このテストライティングに合格したら本契約になります。

一般的にテストライティングは本契約を同じ報酬でお願いしますというのが多いです。

それなのに、テストライティングを無料でやった失敗談があります。

【クラウドワークスで実際にあったひどい案件】4年目なのに振り回されるではそのときの体験談を詳しく解説しています。

低単価の案件をやり続ける失敗談

クラウドワークス初心者の頃に、低単価の仕事をひたすら半年間やり続けていた経験があります。

それも喜んでやっていましたね。

【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史ではそのときの体験談を詳しく解説していますが、今なら失敗だったとわかります。

クラウドワークスのシステム利用料を知らなかった失敗談

クラウドワークスは、契約が成立して納品して報酬が支払われるタイミングでシステム利用料が引かれます。

クラウドワークス初心者の頃はシステム利用料なんて気にしていませんでした。

【そんなの聞いてない】クラウドワークスシステム利用料に泣かされる主婦ではより詳しく解説していますが、クラウドソーシング選びに失敗しました。

今ならシステム利用料が無料のAnycrew にします。

Anycrewは、週5日稼動の案件もありますが、週3日以下の案件も豊富です。

記事執筆やカスタマーサポートなどの仕事もあるので、在宅でコツコツと仕事をしたという方は、使ってみてください。

クラウドワークスを離れてみるも採用すらされない失敗談

システム利用料のない直接契約に憧れて応募した失敗談もあります。

直接契約を取ろうとした場合、たいていが無料テストライティングです。

無料のテストを何個も受け続けないといけず、それでいて、マニュアルもしっかりとあるので、マニュアルを理解する必要もあります。

クラウドワークスは、手軽に応募できますが、直接雇用の場合は、その手軽さがないため失敗でした。

スカウトで調子に乗った失敗談

クラウドワークス初心者には毎日のようにスカウトがきます。

「わたしってすごいの?」と思って舞い上がって契約してしまいがちですが、これは膨大な作業を低単価でやらされる罠です。

【現役4年が回答】クラウドワークスでスカウトが来た【それやるつもり?】でも書きましたが、クラウドワークス初心者にくるスカウトは失敗をまねくので注意です。

WEBライターはしんどいことを知らない失敗談

WEBライターを始めた頃は、こんなにしんどいと知らなかったのが失敗です。

【5年で実感】WEBライターってマジしんどいトップ12で詳しく解説していますが、WEBライターはかなりしんどい仕事です。

未経験からできるというのはいいのですが、やはりしんどいです。

競争率の高い案件ばかり応募する失敗談

クラウドワークスは競争率が高い案件の場合、100人とか200人が応募しています。

これで採用されようなんて、宝くじを買うようなものでした。

ただ、競争率の高い案件は、「できそう」って勘違いしていまうんですよねえ。

関連記事:【クラウドワークス競争率が高い仕事】間違った応募方法

WEBライターは儲からない失敗談

WEBライターを4年やってきて、【現役4年目回答】クラウドワークスは儲からないのでお辞めなさい【例外あり】でも解説していますが、クラウドワークスでWEBライターをやっていても儲かりません。

月10万円稼げたらいい方じゃないかなあというのが実感です。

WEBライターなのにデータ入力の仕事を受けた失敗談

WEBライターの仕事だと思ってデータ入力の仕事を受けた失敗談もあります。

【もういやだ】クラウドワークスでデータ入力した体験談【後戻りができない】でより詳しく失敗談をご紹介していますが、データ入力は1度始めてしまうと、仕上げないとOKにならないのです。

もう2度とやりたくないと思う失敗談です。

WEBライターの低単価の仕事を数年ぶりにやった失敗談

クラウドワークス初心者の頃WEBライターの低単価の仕事は、ただ書けばOKという仕事内容でした。

そこで、久しぶりにサクッと稼ごうと思って、低単価の仕事に応募してみました。

【4年目】クラウドワークス低単価案件久々にやってみたら最悪な事態に!で詳しく解説していますが、結果、昔よりも作業量が増えていました。

これもWEBライターをやってきた失敗ですね。

初心者同士でわたわたした失敗談

クラウドワークスでWEBライター初心者の頃、契約したクライアントさんもクラウドワークス初心者でした。

わたしも初心者でお互い初心者同士の契約しました。

クラウドワークスをわかっていない同士の契約だったため、いきなり報酬を支払ってしまったり、仮払いをするのを忘れていたりとわたわたしたという失敗もあります。

【現役4年目が回答】クラウドワークス初心者が選ぶべき仕事内容でも書いていますが、クラウドワークスでWEBライターをやるならクライアントの評価を確認してある程度実績のある人にした方が失敗は防げます。

クラウドワークスだけでWEBライターをやっても生活できない失敗談

【クラウドワークスだけで生活】5年やっても無理でしたでも解説していますが、クラウドワークスだけでWEBライターをやっていても生活できるくらい稼ぐのは無理でした。

WEBライターでコツコツ地道にやればいつか生活できるくらい稼げるかもと思って頑張りましたが、結局クラウドワークスだけでは無理ということがわかりました。

もしもWEBライターとして本業並みに稼ぎたいと考えているなら、クラウドテック を使いましょう。

毎日のようにフルリモートでできる新規案件で自分のスキルにマッチしたものがメールで紹介してもらえます。

月10万円稼ぐためにストイックにやり続けた失敗談

【現役5年】クラウドワークスで月10万円稼ぐコツでご紹介している方法でクラウドワークスのWEBライターで月10万円稼いでいた時期があります。

なかなかしんどい毎日でした。

今からやれといわれても絶対に無理ですね。

WEBライターの失敗を防ぐために意識していること

WEBライターの失敗を防ぐために意識していることを紹介します。

できそうな仕事はとにかく応募

応募する前から

  • 時間的にきついな
  • ダブルブッキングしたら大変だな

とか思って応募制限していました。

しかし、とりあえず応募してクライアントから返事が来てできそうなら受ける。

これくらいの空気感で大丈夫でした。

割りに合わない仕事は辞退

契約する前にマニュアルが渡されます。

それを見て、これは割に合わないぞと感じたら契約はしません。

関連記事:【クラウドワークスは割に合わない】5年やってみた体験談

自分を安くしない

初心者WEBライターの時は、自分は何も経験がないので、もらった仕事は精一杯するという精神でやってきました。

ただ、5年やってみて、WEBライターの仕事はやればやるだけお金になりますが、かなり自分の時間を労力を割く必要があると感じています。

ですので、あまりにも自分を安くしないということは意識しています。

関連記事:【やらない方がマシ】副業しない方がいい方法【時間泥棒】

自分にして欲しいと思ってもらう

クライアントによっては、自分だからと仕事を振ってくれるクライアントもいます。

  • 納品が早い
  • レスポンスが早い
  • 記事のクオリティが高い

こういう人は求められます。

1人のクライアントに依存しない

そうとは言っても、いい関係の1人のクライアントに依存するのは大変危険です。

WEBライターでやってくるなら最低での2社の仕事を併行してやるのが安心です。

WEBライターはいきなり

来月で契約終了します。

なんていわれます。

【4年目が回答】クラウドワークスで仕事ない問題の対処法・失敗談では仕事ない問題への対処法をご紹介しています。

クラウドワークスWEBライターは低単価が当たり前

クラウドワークスのライターは低単価が当たり前【4年目で気が付いた真実】でも書いたのですが、クラウドワークスでWEBライターが高単価の仕事はありません。

WEBライターはクラウドワークスを離れれば月20万円月100万円と稼ぐ人がいる世界です。

WEBライターで月20万円稼ぐ人がやっている5つの方法

クラウドワークスはやばい仕事の巣窟

WEBライターをクラウドワークスでやろうと思っているのなら、【主婦の副業】クラウドワークスはやばい仕事の巣窟?【現役が語る】の記事にも書いたのですが、やばい仕事が多いことは頭に入れておきましょう。

WEBライターで失敗したくないなら

せっかくWEBライターをしようと思ったけど、失敗しそうだなと感じた方もいるでしょう。

そこで、わたしが思うおすすめの副業をご紹介します。

ポイントは毎日3000円コツコツ稼ぐことです。

毎日3000円コツコツ稼ぐ方法なら、失敗もなにもありません。

ブログ

【やってみた】主婦が毎日3000円コツコツ稼ぐならブログが一番かもでもご紹介しましたが、ブログは毎日3000円コツコツ稼ぐには最もおすすめの方法です。

どうせ副業をやるならブログをやらないのはもったいないです。

【体験談】わたしは5年でWEBライターをやめた(くなった)でも書いていますが、ブログで稼げるようになるとWEBライターではなくブログに注力できるようになりました。

【主婦がブログで稼ぐ】始め方と仕組み【副業するなら一択】
主婦がブログで稼ぐなんてどうするの? 稼げる主婦ブログの始め方が知りたい 主婦がブログで稼ぐってどういう仕組み? 主婦がブログをどうやって始めたらいいのか分からないですよね? わたしも全然わかりませんでした。...

毎日3000円コツコツ稼ぐ副業

毎日3000円コツコツ稼ぐ副業はいくらでもあります。

スマホでできる副業や隙間時間を使ってできる副業ばかりです。

そこまで大きく稼ぐのではなく、毎日3000円コツコツ稼げたらいいやと思って副業を始めると失敗は防げますよ。

【やってみた】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法は本当に再現性があるのか?
毎日3000円コツコツ稼ぐを目標に平凡な主婦があらゆる副業をやってみました。毎日3000円コツコツ稼げたものもあればできなかったものも。実体験から毎日3000円コツコツ稼ぐためにできることを紹介します。怪しいものもあるので要チェック!
【副業】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法!平凡主婦でもできるワザ
毎日3000円コツコツ稼ぐって主婦にでもできるもの? 簡単作業で毎日3000円コツコツ稼ぎたい 子育て中でなかなかまとまった時間が取れない!毎日3000円コツコツ稼ぐ方法が知りたい 今回は、こういう方におすすめの副...

高単価WEBライターなら「クラウドテック」

クラウドワークスで5年WEBライターやってきましたが、年々仕事はきつくなっていきました。

クラウドワークスで生活できるくらい稼ぐのは難しいし、きつい。

WEBライターで食べていきたいなら、クラウドテックです。

クラウドワークスが運営するフリーランス向けのサービスです。

月30万円から月100万円稼げるリモート可の仕事を紹介してもらえます。

5年やったWEBライターやめた理由

5年やったWEBライターをやめた理由を紹介します。

月10万円が限度と感じたから

クラウドワークスのWEBライターとして、月10万円は稼ぐことはできていました。

それでも、クラウドワークスで月10万円WEBライターで稼ごうと思ったら時間をかなり使う必要がありました。

どんなに頑張っても時間の切り売りになってしまったから

クラウドワークスでWEBライターをやっていると、時間を掛けたら掛けた分だけ稼ぐことができました。

しかし、反対からいうと時間をかけないと稼げないのです。

朝から晩までWEBライターとしてやっていても稼げる楽になるどころかだんだん要求されるレベルが上がっていきしんどくなってきました。

クライアントは自分の記事で稼いでいるとわかったから

クラウドワークスでWEBライターをやっていて、1記事2万円とか3万円とか稼げるようになっていました。

そこで立ち止まって考えると「自分の記事を2万円とか3万円とかで買い取ってもらえるってことは、クライアントはもっと稼げているからだよな」と。

WEBライターに仕事を発注しているクライアントのなかには、ブログで月10万円稼ぐようなブロガーさんがいます。

自分はいつまでもそっち側に行ってみたいと感じました。

せっかくやるなら資産になるものがやりたくなったから

クラウドワークスでWEBライターをいくらやっていても、WEBライターとしてのスキルアップはします。

しかし、どんなに時間を割いたとしても資産になりません。

どうせやるなら資産になる「ブログ」を始めた方が将来的に稼げるよ感じました。

高単価案件も問題なくできるようになったから

クラウドワークスでWEBライターとして、高単価の案件も問題なくこなせるスキルが身についていました。

クラウドワークスに登録したての頃はクライアントが書いている募集条件すら「どういうことを書いているんだろう?」と分からないことも少なくなかったのにです。

今なら、募集要件をパッと見ればどれくらいの記事でどれくらいの内容が求められているのかわかるようになっていました。

ブログを始める

WEBライターをやめたのは、ブログでWEBライターで稼いでいたくらい稼げるようになったからです。

ブログで稼げない時期は、クラウドワークスのWEBライターで収入の穴埋めをしていました。

結局ブログで稼げるまで8ヵ月はかかったので、WEBライターをやめたのは8ヵ月後ということになります。

【主婦がブログで稼ぐ】始め方と仕組み【副業するなら一択】
主婦がブログで稼ぐなんてどうするの? 稼げる主婦ブログの始め方が知りたい 主婦がブログで稼ぐってどういう仕組み? 主婦がブログをどうやって始めたらいいのか分からないですよね? わたしも全然わかりませんでした。...

【体験談】WEBライターやめた

実は、WEBライターを5年近くやってきたわけですが、実質今はWEBライターをやめてしまっています。

どうしてなのかご紹介します。

眼精疲労がきつい

WEBライターをやめた大きな理由は眼精疲労があまりにもきつかったことです。

クラウドワークスでWEBライターをしていた頃は、起きている時間は常にWEBライターの仕事をやり続けていました。

身体が限界を知らせてくれていたのかも知れません。

限界を感じた

WEBライターでこのままやっていても、月10万円以上稼ぐのにかなりの時間と労力をかけないといけないと悟ってしまいました。

WEBライターで稼ごうと思ったら、もらった仕事をすぐに仕上げて即効で納品するスピード感と品質の高さが求められています。

このままいくらやっても時間の切り売りでしかないと感じたのでWEBライターをやめました。

ブログに興味があった

WEBライターをやってきた経験を生かして、ブログを始めてみたいとずっと思っていました。

ブログを始めて8ヵ月は全く稼げなかったのですが、コツコツ積み上げていくとだんだん報酬が出始めました。

ブログはストック型のビジネスなので、WEBライターのような時間の切り売りではなかったです。

継続案件がなくなった

WEBライターをやめた決定的な出来事は、継続案件がなくなったことです。

それまで1つのクライアントと継続して専属ライターとしてやっていましたが、その継続案件がなくなってしまいました。

もちろん継続案件がなくなってからいろいろWEBライターの仕事に応募してみたりしましたが・・・。

うまくいきませんでした。

ブログで稼げるようになってWEBライターをやめた

継続案件がなくなったのをきっかけにブログを始めることにしました。

先ほども紹介した通り、ブログで稼げるまでは8ヵ月かかってしまったのでWEBライターはブログで稼げるようになってからやめたことになります。

WEBライターをやめてよかった

WEBライターをやめてよかったことを紹介します。

WEBライターは時間の切り売りだった

WEBライターは自分の時間をいかに差し出せるかどうかであると感じました。

WEBライターで月10万円稼いでいた時期は、起きている時間はほとんどWEBライターの仕事に当てているような状態でした。

そんな状態なのに、月10万円稼げたらいい方です。

ブログは資産になる

【放置で毎日1万円の副業収入が欲しい】ならブログ一択!の記事で書いている通り、ブログは放置していてもお金を稼ぐマシンになってくれます。

もちろん稼げるまでかなりしんどいのは間違いありませんが、稼げるフェーズまで頑張ることができれば遊んでいても、寝ていても、家事をしていても稼ぐマシンになってくれます。

実際、子供の春休みや冬休み、夏休みでなかなか仕事ができない時期でもブログからちゃんと収益が生まれています。

WEBライターをやっていた時期は、仕事をしないと収益は発生しませんでした。

WEBライターは人の資産を作っている

WEBライターの仕事は即金性があります。

5年もWEBライターをやっていると1記事3万円とかで買い取ってもらえるような仕事がありました。

しかし、逆で考えてみるとわたしに1記事3万円払えるということは、クライアントはその記事で3万円以上の収益を得ているわけです。

WEBライターでそこまで稼げるようになったのなら、自分でブログを運営した方が稼げます。

WEBライターをやめたことへの後悔

ブログを始めたのでツイッターも始めることにしました。

そこでWEBライターはやめたのは後悔したので紹介します。

クラウドワークスは稼げない

クラウドワークスでWEBライターはやはり稼げないということがツイッターでわかりました。

そもそもWEBライターの文字単価は1文字1円なのに、クラウドワークスでは1文字0.5円もらえたらいい方です。

そこからシステム手数料が引かれるのですからクラウドワークスは稼げません。

クラウドワークス以外ならWEBライターは稼げる

クラウドワークスでWEBライターをするのではなく、ほかのサービスを利用すればWEBライターでも十分稼げるようだとツイッターで知りました。

ココナラ

ココナラ でWEBライターとして発信するとクラウドワークスでWEBライターやるより稼げます。

ココナラの場合、単価は自分で決定できるので高単価でもお願いしたいと思われるとWEBライターをやめなくても大丈夫なくらい稼げるようです。

ツイッター

ツイッターでは、WEBライターの仕事を募集しています。

単価も1文字1円以上がほとんどです。

ある程度実績や経験、スキルは必要ですが、クラウドワークスよりは高単価のWEBライターの案件の募集があります。

MOSH

クラウドワークスでWEBライターをいくらやっていても、稼げるようになりません。

WEBライターでやっていくなら、自分を売り出す必要があります。

【MOSH】なら自分のWEBライターとしてのスキルを売り出すためのホームページ作成などのサービスを無料で利用できます。

クラウドワークスでWEBライターは早々にやめてしまって、こういうサービスに移行したらよかったです。

クラウドワークスは稼げない予約サイト【MOSH】で高単価をゲット
クラウドワークスでWEBライターやってても稼げるようにならない WEBライターでもっと稼げるようになりたい クラウドワークスで稼げない・・・どうしたらいい? 【断言】クラウドワークスやめたほうがいい【稼げない・やば...

まとめ

WEBライターの失敗談をご紹介しました。

この他にもまだまだ失敗はしてきました。

また、今度ご紹介しますね。

 

 

 

にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
WEBライター在宅ワーク
スポンサーリンク
あずきをフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ