【主婦の副業】クラウドワークスで成功するにはプロになるしかない

クラウドワークス
プロフィール
この記事を書いた人
小豆

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • クラウドワークスのプロって?
  • クラウドワークスでプロになったらどうなる?
  • クラウドワークスでプロになったら成功する?

クラウドワークス では、実績が積みあがると「プロ認定制度」があります。

プロに認定されると、今までの収入の2倍3倍になります。

そこで今回は、クラウドワークスでプロ認定制度・プロに認定されるとどうなるのか・プロになるにはどうしたらいいのかについて私の経験からご紹介します。

クラウドワークスのプロとは?

クラウドワークスでは、実績やスキルがついてくるとプロ認定制度があります。

プロクラウドワーカーとは、全クラウドワーカーの中から定められた基準を満たした人だけを選抜した、仕事能力の高いプロフェッショナル集団です。

認定されることによって報酬がアップするという制度です。

認定されると月間契約額が19%もアップしますし、契約単価の42%アップします。

クラウドワークスでプロになってから

クラウドワークスでプロになってからどんなことが起こったか、私の体験をご紹介していきます。

単価がアップ

クラウドワークスではスカウトされることがあります。

それでも1文字単価0.1円とか0.5円とかのスカウトばかりです。

プロになってから1文字1円の案件がよくくるようになります。

明らかに単価がアップします。

好条件の案件が増えた

プロになるまでの案件は、

  • 記事作成プラス画像添付
  • 表の作成
  • 比較表の設置など

記事作成以外にも結構やることが多い案件が多かったです。

それが、プロになってから記事作成のみの仕事が多くなりました。

継続案件が増えた

クラウドワークスでプロになるまでは単発の仕事が多く、継続になるかなと思っても結局単発で終わることも少なくありませんでした。

クラウドワークスでプロになってからは、仕事が継続的にもらえるクライアントさんと出会いやすなりました

【クラウドワークスのやばい案件】現役ライター歴4年の体験談
クラウドワークスってぶっちゃけどうなの? クラウドワークスでやばい案件でどんなの? 普通の主婦でもクラウドワークでやばい案件に出会うの? 日本最大級のクラウドソーシングサイトとよばれるクラウドワークスは、副業初心者...

【主婦の副業】クラウドワークスでプロになる方法

では、どうやったらクラウドワークスでプロになれるのかご紹介します。

詳しくは、クラウドワークスのこちらのページをご確認ください。

自分だけの付加価値を提供する

クラウドワークスで発注する方は、できれば質の高いクオリティの高い記事がほしいです。

そういう記事が書けるライターはプロとして重宝されます。

重宝されるプトのライターというのは、他の人にはない付加価値が提供できるライターでもあります。

例えば、

  • 意外なお金の稼ぎ方をしてきた
  • 趣味が独特
  • 面白い仕事をしてきた
  • 資格を持っている
  • 専門的な知識がある

といった付加価値提供できるライターがプロとして重宝されます。

また、私の経験として有名サイトの専属ライターになれれば一発で採用になります。

とにかくいろいろな仕事をした

クラウドワークスでプロになるために、あらゆる案件に挑戦しました。

データ入力の仕事をしていた時期もありますが、結局WEBライターの仕事1本でいろいろなクライアントの仕事をしました。

仕事をするうちに、クラウドワークスで求められている記事の質やクオリティなどがわかってくるので、それを忠実に守りました。

こう書くとなんだか難しそうに感じますが、

  • マニュアルをじっくり読み込んで作業する
  • 誤字脱字はしない
  • 修正依頼がでたら次は気をつける

といった基本的なことを守って量をこなしました。

クラウドワークス1本に絞った

クラウドソーシングサイトはいろいろありますが、できれば1社に絞った方が効率的に稼げるかと思います。

理由は、実績がプロフィールで積みあがっていくからです。

【4年目webライターが教える】クラウドソーシングは1社で入魂【始め方で間違うな】
WEBライターとして副業を始めてみたいな WEBライターをするならクラウドソーシングはどう選べばいいのかな? クラウドソーシングサイトってどこも同じでしょう? もしも1つでも思っているなら今回の記事を読んでみてくだ...

クライアントとのやりとりは迅速丁寧に

クライアントとのやりとりはクラウドワークスでのメッセージでのやりとりを行います。

メッセージをもらったらすぐに返事をするようにしていました。

クライアントも忙しいので、できるだけ時間を使わせないことを意識していました。

仕事は誠実に

仕事をもらったら誠実に対応するようにしていました。

特にもらったマニュアルは忠実に再現できるよう読み込みました。

マニュアルには他の案件でも役立つ情報が盛りだくさんです。

じっくり読み込んで、アウトプットする作業は自身のスキルアップにもつながります。

納期は必ず守る

納期は必ず守るのは基本です。

できれば、契約が成立したら最短でできる日にちを伝えておくのもおすすめです。

納期は最悪その日になってしまうくらいの気持ちで、できれば即日納品できるようにするのが理想的でした。

まとめ

クラウドワークス の記事作成で気が付いたらプロになっていたので、プロになると実際にどうなるのかご紹介してきました。

クラウドワークでプロになったら今の報酬の2倍3倍は夢ではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました