クラウドワークスのライターは低単価が当たり前【4年目で気が付いた真実】

スポンサーリンク
クラウドワークス
プロフィール
この記事を書いた人

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • クラウドワークスのライターの単価ってどれくらい?
  • クラウドワークスのライターって単価が低いって本当?
  • クラウドワークスで長くやっていれば単価アップは狙える?

私は4年間日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」 でライターの仕事をしてきました。

4年もやっているのでライターのプロクラウドワーカーです。

結論からいうとクラウドワークスのライター業は低単価の案件ばかりです。

そこで今回は、私の経験を元にクラウドワークスのライターの単価についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

クラウドワークスのライターの単価

それでは、クラウドワークスのライターの単価について詳しくご紹介します。

これはあくまで私のクラウドワークスでのライターの単価の相場感です。

4年やってきて「だいたいここらへんだなあ」と言った感じなので参考にしてください。

初心者1文字0.1円

初心者は1文字単価0.1円がほとんどです。

1文字0.1円単価の案件は、3,000文字書いて300円です。

この単価はライターのなかでもかなりの低単価で、やばい単価でもあります。

低単価ゆえに、

  • ライティングの指導もします
  • 実績のために
  • ライティングスキルアップにお役立てください

といったお誘い文句もついています。

実際私は初心者の頃低単価のライター案件とは知らずやり続けていたやばい経験があります。

その頃の黒歴史については下記が詳しくなっているので、ご興味があればご覧ください。

【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史
クラウドワークスのやばい案件てどんなの? クラウドワークスやばい案件に当たらないようにするためにどうしたら...

プロになれば1文字1円

クラウドワークスには、プロ認定制度があります。

プロクラウドワーカーと呼ばれていて、プロになれば単価がアップして継続依頼や好条件の案件をゲットできるチャンスが増えます。

ただ、全部が全部というわけではなく、スカウトでくる案件のなかには1文字0.1円くらいの単価のものも含まれます。

ただ、ライターの単価として1文字1円がスタートラインとされています。

ライター業をやっている人は、1文字3円とか2円でやっていて1文字1円でも十分低単価です。

平均して1文字0.5円

だいたい半年もすると1文字0.5円単価の案件もできるようになります。

ただ、1文字0.5円単価でもクラウドワークスのライター業は記事作成のみというものは少ないです。

  • キーワード選定
  • ライバル記事の研究
  • データ入力
  • 画像添付
  • 独自のシステム入力

などといった作業もプラスされていることがほとんどです。

そのため、2時間は確実にかかります。

また、1文字0.5円単価の案件は、マニュアルがかなり細かく設定されています。

マニュアルを熟読しなければ修正依頼対象になってしまうので、慣れるまで大変です。

クラウドワークスで紹介されているライターの相場単価

クラウドワークスでは、ライターの相場単価が紹介されています。

1文字1円とか1文字3.5円とか、なかには50円から62.5円ともされていますね。

4年やってきて1文字50円単価の案件なんてお目にかかったこともありません。

専門的な知識や資格と高品質の記事が書ける必要があります。

クラウドワークスで長く続けていれば高単価の案件はゲットできる?

クラウドワークスで長くなっていけばクライアントに単価アップ交渉もありと紹介されています。

それは本当に可能なのでしょうか?

【結論】無理

結論からいうと無理です。

私も先ほどご紹介した低単価の案件を半年していました。

半年もしていたので単価アップ交渉をしてみた経験があります。

結果は惨敗です。

「継続は見送りましょうか?」と返事がきました。

1文字1円があればいい方

クラウドワークスのライター業の単価は1文字1円あればいい方です。

それ以上の単価の案件はなかなかありません。

継続は難しい

私もプロクラウドワーカーになってから、1文字1円単価の案件をさせていただいています。

ただ、ずっとこの単価で継続してもらうのは難しいです。

スカウトで時々くることもある

1文字1円単価の案件は時々スカウトでくることがあります。

ただ、これも継続案件としてくることはあまりありません。

クラウドワークスのライターが低単価で搾取されている理由

それでは、どうしてクラウドワークスではライターが低単価の案件で搾取されるのでしょうか。

4年やってきて、なんとなくこんな感じかな?と見えてきたのでご紹介します。

クラウドワークスを使っている人もそこまで稼げていない

クラウドワークスを使っている人は、

  • アフィリエイトをやっている
  • 自分のブログを運営している
  • 高単価の案件を受注して単価を低くして発注している

この3パターンかと思います。

自分のブログを運営していたり、アフィリエイトをやっている人は、そこまで稼いでいないのかも知れません。

そのため記事作成に単価が上げられないのかなと思います。

高単価の案件を受注して、下請けとしてクラウドワークスのライターを使っている人もいます。

その人達は、結局自分で手直ししたり、手直しもクラウドワークスを使ったりしているようです。

そのため高単価はだせないのです。

クラウドワークスのライターは低単価でいい人が多い

クラウドワークスは、日本最大級でもあって登録者数も多いです。

そのため、本業・副業・お小遣い稼ぎと人それぞれ目的が違います。

毎日3000円コツコツ稼げればいいやと思って使っている方もいるでしょう。

毎日3000円コツコツ稼ごうと思えば、私が黒歴史でやっていたような案件でも十分稼げます。

このように人それぞれクラウドワークスに求めるものは違ってくるため、低単価でも十分と思って利用している人も少なくないのです。

ちなみに、毎日3000円コツコツ稼ぐ方法については下記で詳しくご紹介しています。

【副業】毎日3000円コツコツ稼ぐ方法!平凡主婦でもできるワザ
毎日3000円コツコツ稼ぐって主婦にでもできるもの? 簡単作業でコツコツ稼ぎたい 子育て中でなかなか...

クラウドワークスとライターとして上手に付き合うコツ

それでは、ライターとしてクラウドワークスと上手に付き合うコツはあるのでしょうか。

自分でブログを運営してみよう

クラウドワークスは、どんな単価の案件でもだいたいマニュアルが送られてきます。

このマニュアルには、今の時代に稼げる記事の書き方が書かれています。

これが無料でそれも記事が書ければお金がもらえます。

自分でブログを運営すれば、稼げるブログの書き方を無料でもらえて、練習もできます。

ConoHa WINGを使えば月々880円でブログ開設できてしまいます。

【クラウドワークスやばい?】賢い主婦は搾取されないためにブログに活用する
クラウドワークスはやばいクライアントが多い クラウドワークスは怖い案件が多い クラウドワークスはやば...
【ど素人がConoHa WINGでブログ開設】丁寧な始め方やつまづきポイント
まったくの素人だけどブログを始めてみよう ブログの始め方が知りたい 自分がブログ始められるか不安 ...

クラウドワークスだけにこだわるのはやめよう

もしも、副業をしようとお考えであればクラウドワークスだけにこだわる必要はありません。

というようにクラウドワークス以外でもライターなら稼ぐ方法はあります。

【先人から学べ】Craudia(クラウディア)評判・口コミは?副業で稼ぎたい人必見
副業を始めたいけどCraudia(クラウディア)ってどうなの? Craudia(クラウディア)の口コミや評...

自分がダメだからとは思う必要はない

クラウドワークスでいつまでたっても、低単価のライターを続けているとどうしても「自分はダメなライターなのかな?」と思い勝ちです。

しかし、クラウドワークスにはライター業の高単価の案件は本当に少ないです。

クラウドワークスで自分のライタースキルをくすぶらせておくのももったいないですよ。

まとめ

クラウドワークスのライターの単価をご紹介してきました。

クラウドワークスは低単価の案件が豊富です。

なかにはやばい案件もあります。

もしも、ライターとしてより稼ぎたいのであればクラウドワークスにこだわる必要はありません。

にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
クラウドワークス
スポンサーリンク
シェアする
小豆をフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました