クラウドワークスのライター文字単価0.5円の仕事内容【初心者におすすめ】

スポンサーリンク
クラウドワークス
プロフィール
この記事を書いた人

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • クラウドワークスのライターの文字単価1文字0.5円の仕事内容ってどんなの?
  • クラウドワークス初心者はどれくらいの文字単価で仕事ができる?
  • クラウドワークス初心者が文字単価1文字0.5円がおすすめなのはどうして?

わたしは、クラウドワークス で4年間ライターとして活動してきました。

4年やってきてクラウドワークスの実態をある程度把握しました。

そこで、今回はクラウドワークスでライターとして稼ぐ場合文字単価1文字0.5円の仕事内容ってどんなものなのかについて解説します。

スポンサーリンク

クラウドワークスのライター文字単価0.5円の仕事内容

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事内容についてご紹介します。

専属ライター

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円は、専属ライターという場合が多いです。

専属で1つのクライアントの独自システム内で作業を行います。

チャットワークでやりとりをする

クラウドワークスで契約したとしても、今後の連絡はチャットワークでのやりとりになるのが一般的です。

独自のシステム内で応募・納品・検証・修正を繰り返す

独自のシステムには、募集している新規記事の応募や納品、検証、修正依頼が全てできるようになっています。

そのシステムにログインして、システム内でライターの仕事を請け負います。

クラウドワークスでは月に1回支払いをする

クラウドワークスでは、月に1回支払いの際に利用するクライアントもいます。

なかには、クラウドワークスを通さずに直接請求書を発行して支払いをしてもらう場合もあります。

クライアントによっては納品数によって単価が上がる場合もある

クライアントによっては、その月に納品できた数によって単価をアップしてもらえるといった特典を設けています。

1つの専属ライターになって、コツコツ頑張れば月10万円くらいは稼げます。

タイトル・見出しはすでに決まっている

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の場合、タイトルや見出しはすでに専属の方が作成しています。

本文を書く

本文を書いていきます。

どんな雰囲気の文章にするのか、誰に向けて文章にするのか使ってはいけない文字や文章など細かいマニュアルが渡されるのでそれに添って書きます。

ほかのサイトを参考にして自分の文章で書く

自分では知らないような内容の記事やキーワードを書く場合もあります。

それでも、ほかのサイトを参考にして自分の文章で書けばいいのでクラウドワークス初心者でも十分できます。

クラウドワークスのライター文字単価1文字0.5円が初心者におすすめな訳

どうしてクラウドワークス初心者にライター文字単価1文字0.5円の仕事がおすすめなのか解説します。

マニュアルがしっかりしている

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事は、かなりのボリュームのマニュアルが渡されます。

渡されるといってもクラウドワークスのメッセージ機能に添付されています。

そのマニュアルを見ればクラウドワークス初心者でも仕事ができるようになっています。

契約を切られない限り安定して稼げる

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円で専属ライターになれれば、契約を切られない限り安定して仕事はあるので稼げます。

ただ、厳しいクライアントもいて、誤字や脱字があまりにも頻繁にあるライターは即刻契約破棄にしますと伝えられる場合もあります。

有名サイトのライティングができる

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円は、超有名サイトの場合があります。

1度でも有名サイトでライティングしたことがあるというのは、実績としてかなり有利です。

今後クラウドワークスで応募した場合も、有名サイト名をプロフィール欄に載せておけばかなりの確率で採用してもらえます。

ライターとして必要なスキルを学べる

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円は、ライターとして必要なスキルが一通り学べます。

1度でも契約してもらって、マニュアルを熟読し、修正依頼のないライティングができたらほかの仕事もだいたいこなせるようになります。

そこまで難しくない

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円といっても、そこまで難しい文章や内容を書くことはありません。

クラウドワークスのライター文字単価0.1円ではスキルが磨かれない

クラウドワークスで文字単価1文字0.1円の仕事をいくらやってもスキルは磨かれません。

タイピングの速さがこれまでより速くなるくらいでしょうか。

実際【やってみた】クラウドワークスのやばい案件を半年やり続けていた黒歴史でもご紹介しているのですが、1文字0.1円単価の仕事を半年やり続けていました。

ライターとして今後もやっていくつもりなら、WEBライターは勉強が必要?【結論】お金を稼ぎながら学べるでも書いているように1文字単価0.5円くらいの仕事をしないとだめです。

【辛い】クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の真実

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事内容についてご紹介しました。

ここからは、クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の実態についてぶっちゃけます。

それでも月10万円以上は稼ぐのは難しい

【現役4年目回答】クラウドワークスは儲からないのでお辞めなさい【例外あり】でもご紹介した通り、専属ライターになっても支払いをクラウドワークスにした場合、システム利用料で20%もっていかれます。

そんなこんなでどんなに頑張っても月10万円以上稼ぐのにはかなりの時間と根性が必要です。

マニュアル通りでないと即修正

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事は、マニュアルが命です。

マニュアルに添って書かれていないと即修正依頼がきます。

マニュアルを無視して書いたら、即契約破棄ということも珍しくありません。

画像添付あり

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事は、画像添付ありの場合があります。

それもこのサイトのものを使ってください。

と指定されます。

コピペチェックツールで確認

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事は、記事が書きあがったらコピペチェックを必ず行うように伝えられます。

コピペチェックツールを使って、少しでも一致率が高いと納品ができません。

自分の言葉で書いているのに、なぜか同じ文章になってしまったり、かぶってしまうときな半泣きになりながら何度も修正を繰り返します。

【恐怖】システムエラー

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事は独自のシステムでライティングを行います。

時々システムのエラーでこれまで書いてきた文章がぶっ飛ぶことがあります。

ほかにも、保存ができない、保存を忘れて消してしまう

こういったトラブルが後を絶ちません。

テストライティング無料

【クラウドワークスで実際にあったひどい案件】4年目なのに振り回されるでもご紹介しているのですが、クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事は本契約前にテストライティングをするクライアントがいます。

なかには、テストライティング無料でさせるクライアントもいるので、注意しないといけません。

わたしの経験上、テストライティングは本契約を同じ単価でやらしてもらえました。

また、なかには研修期間として文字単価1文字0.3円くらいからはじめて、本契約できるようになったら文字単価1文字0.5円の仕事に移行するクライアントもいました。

1文字0.5円の仕事をしていてもクラウドワークスだけで生活は無理

もしもクラウドワークスだけで生活をしたいと思ってクラウドワークスを使っているならあまりおすすめできません。

【クラウドワークスだけで生活】5年やっても無理でしたでも解説していますが、クラウドワークスだけで生活できるようになるのは、なかなか厳しいのが現実です。

まとめ

クラウドワークスのライターの文字単価0.5円の仕事内容についてご紹介しました。

文字単価1文字0.1円の仕事をいくらしてもスキルとしてはアップしにくいです。

できれば、1文字単価0.5円くらいの仕事に挑戦してみてください。

 

にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
クラウドワークス
スポンサーリンク
シェアする
小豆をフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました