シェアフルは副業がバレるのがイヤな方におすすめ!理由とばれない方法

スポンサーリンク
副業
プロフィール
この記事を書いた人

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • 副業が会社にバレる理由
  • シェアフルが副業がバレるのがいやな人におすすめな理由
  • 副業がばれない方法

明日から1日だけでも働ける「シェアフル」 は、隙間時間にすぐに働きたい方にぴったりの働き方です。

実は、シェアフルは副業がバレるのがイヤな方におすすめの働き方でもあるのです。

そこで今回は、そもそも副業がバレる理由やシェアフルが副業がバレたくない方におすすめな理由について解説していきます。

シェアフルについては下記が詳しくなっているので、気になる方はこちらも合わせてご覧ください。

【シェアフル】平均時給1,200円!面接なし!隙間バイト!評判・在宅ワークあり?
隙間時間でバイトしたい 面接なしで稼ぎたい 1日単位で働きたい あなたは、明日から1日だけでも...
スポンサーリンク

副業が会社にバレる理由

そもそも副業が会社にバレるのはどういった理由があるのでしょうか。

住民税

役所から住民税の通知が会社に届きます。

この時に、副業で稼いだ「雑所得」が住民税に含まれていることになります。

会社としては、この役所からの通知をもとに従業員の住民税を計算し税務署に支払う義務があります。

そのため、副業をして所得が多い人がいれば「あれ?おかしいぞ」とばれてしまうのです。

同僚からの密告

可能性としては低いのですが、一緒に働いている人から「あの人は副業で稼いでいます」ということでバレることがあります。

副業を始めたのであれば、同じ職場の人には黙っておく方がいいです。

シェアフルが会社に副業がバレたくない人におすすめな理由

それでは、どうしてシェアフルが会社に副業がばれたくない人におすすめなのか理由を解説していきます。

シェアフルは日雇いなので特別徴収の義務がない

後ほど、副業がばれない方法について詳しく解説しますが、結論からいうと副業を会社にバレないようにするには「普通徴収」にすれば会社に副業がバレることはありません。

特別徴収・・・住民税を会社が納付する方法

普通徴収・・・住民税を自分で納付する方法

シェアフルを使っている方の給与の支払い期間が不定期になるので「特別徴収」の対象になりません。

そのためシェアフルは、会社が住民税を納付する「特別徴収」にする義務がないのです。

「普通徴収」になるので、会社に副業がバレることはないというわけです。

副業がばれない方法

それでは、副業が会社にばれない方法はどうしたらいいのでしょうか。

雑所得があることをばらさない

先ほどご説明しましたが、副業をして何の手続きもしていない場合、住民税の通知が会社に届きます。

この通知によって会社に副業がバレるのです。

この通知を会社ではなく、あなたにする必要があります。

通知を自分に届くようにするには、「特別徴収」を「普通徴収」に切り替える手続きが必要です。

特別徴収と普通徴収とは

●住民税の支払方法で、自らが納税義務者となって、市より送付された納税通知書(納付書)によって年1回(一括)または年4回(分割)で納める方法により、住民税を納めることを「普通徴収」といいます。
●住民税の支払方法で、自らが勤務する給与支払者が特別徴収義務者となって、年12回支払われる給与から天引きで会社ごとの分を毎月納める方法により、住民税を納めることを「特別徴収」といいます。

習志野市

副業がバレないようにする方法

確定申告をする際にに「住民税・事業税に関する事項」の「住民税徴収方法の選択」の項目を「自分で納付」に○をしましょう。

給与・公的年金等に係る住民税の徴収方法の欄に「特別徴収」と「自分で納付」がありますね。

これを「自分に納付」にしてください。

ただ、副業がアルバイトの場合は「特別徴収」しかできません。

アルバイトの場合は、バレるのでご注意ください。

ただ、税務署によっても違う場合があるので、お住まいの地域の税務署に電話で問い合わせてみるといいでしょう。

副業がバレない方法・気になるQ&A

それでは、副業がバレない方法について気になることをQ&Aで答えていきましょう。

普通徴収にしたら絶対にバレない?

絶対に100%絶対にバレないとは言い切れません。

なぜかというと、雑所得が普通徴収と認められずに、特別徴収とされてしまう場合があるからです。

一度普通徴収にすれば、翌年以降は申請する必要はない?

毎年する必要があります。

いつ普通徴収にしたらいい?

2月15日から3月14日の確定申告の時期にしましょう。

住民税の納税方法は、役所によって違うので必ず確認しておきましょう。

副業収入がいくらを超えたら確定申告が必要?

副業収入が20万円を超えた場合は、確定申告をしましょう。

確定申告をした場合は、役所での手続きは必要ありません。

確定申告の時に「特別徴収」を「普通徴収」にしておきましょう。

副業収入が20万円以下なら確定申告は不要?

副業収入が20万円以下なら確定申告は必要ありません。

ただ、役所に届けは必要です。

大阪市のホームページで詳しく解説されていたので参考にされてみてください。

住んでいる地域によって申告の方法が違うので「○○市住民税申告」で検索してみてください。

税金のプロに相談したいけど無料でできる?

ここまで読んでいただいても、やはり副業が会社にバレるかバレないか不安という方もいるでしょう。

そこで、税金のプロに直接聞く方法もあります。

お住まいの市町村によって違いがあるのですが、役所が無料で税理士に相談できる日を設定してくれています。

予約が必要ですが、税金のプロに直接聞いておけば気持ちよく副業ができるでしょう。

さらに、副業が会社にバレない方法を市役所に直接聞きに行ったという人もいます。

ネットでの記事ではなかなか信憑性に欠けていて納得して、副業に集中できない方は、市役所に直接聞く方法もおすすめです。

まとめ

明日から1日だけでも働ける「シェアフル」 は副業が会社にバレるのがいやな人におすすめの働き方です。

簡単に隙間時間でできる仕事が探せるので活用されてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
副業
スポンサーリンク
シェアする
小豆をフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました