フリーランスになるには?未経験から始めることができる仕事をご紹介

WEBライター
プロフィール
この記事を書いた人
小豆

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする

フリーランスになるにはどうしたらいいんだろう?

フリーランスは未経験でもなれるのかな?

私は、フリーランスのWEBライターに未経験でなりました。

フリーランスになってから、「そういうことだったのか!」と思うことも多く、「そんなことも知らないでフリーランスになったなんて!」と思われるかも知れません。

ただ、フリーランスの働き方はとても気にいっています。

そこで今回は、フリーランスになるにはどうしたらいいのか、未経験からでもできるフリーランスの仕事についてご紹介していきましょう。

そもそもフリーランスとは?

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。おもにライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどの職種において、個人で仕事をしている人のことを指すことが多く、自分の才覚などで仕事をしている人といえるでしょう。中世ヨーロッパで、契約により有力者に仕えた騎士をフリーランス(当時の武器は槍=lanceでした)と呼んだことからきているという説もあります。

引用:https://www.freee.co.jp/kb/kb-kaigyou/about-freelance/

「労働基準法」などといった法律で守られていない

フリーランスは、労働基準法で守られているわけではなく、最低賃金や労働時間、休日、有給休暇など会社に勤めている人を保護する規定からは外れています。

ただ、「下請代金支払遅延等防止法」では保護されています。

未経験からフリーランスになれる仕事

では、未経験からフリーランスになる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

WEBライター

記事作成をする仕事をします。

ライターといってもいろいろな仕事があって、商品を紹介する記事を書くライターやネット上でいろいろな情報を集めて、それを記事にしていくライターもあります。

また、取材した内容を記事にまとめるというライターの仕事もあります。

クラウドソーシングサイトを使って実績を積んでいき、自分で仕事を取ってくるような働き方をする必要があります。

収入はどれくらい?

フリーランスとして、生活していくにはある程度実績が必要になってくる仕事でもあります。

ライターの仕事の単価は、1文字0.1円から1.5円まであり、未経験から始めた場合はとても単価の低い仕事をすることになります。

単価の高い仕事ができるようになると、高収入を得ることができることもできます。

フリーランスとして、十分な収入を得ている人も少なくありません。

未経験からライターになった私の経験談

私は、未経験からライターになってフリーランスとして活動しています。

未経験から始めたての頃は、仕事ができたらいいくらいの気持ちでやっていたので、単価とか全く気にせずにやっていました。

例えば、2,000文字書いて200円とかの仕事です。

始めたての頃は、それでもお金がもらえることがとても嬉しかったです。

ただ、このままではいけないなと思って単価の高い仕事にも挑戦するようになりました。

すると、だんだん1文字1円くらいの仕事にもありつけるようになってきて、それなりに稼げるようになりました。

だいたい2年はかかりましたね。

ブロガー

ブログやWEBサイトを運営している人のことをいいます。

このブログにも貼っているのですが、ブログやサイトを見ると広告が貼られていますよね?

この広告がクリックされたり、広告の商品が購入されるとブロガーに「広告を貼ってくれてありがとう」という感じでお金が支払われます。

他にも、広告の商品は購入してもらえなかったとしても、たくさんの人が広告をみてくれるブログを運営できていればお金が入ってくるという方法もあります。

ブログは稼げるまでが長い

どのブロガーさんもいわれていますが、ブログで稼げるようになるにはかなりの年月が必要になってきます。

ある人は、鉄棒のぶら下がり競争に例えている人もいました。

ブログを始めても、全く収入にならない時期があまりにも長いためやめてしまう人がとても多い分野になっています。

ただ、ブロガーの人の中には、月収100万円を稼ぐ人もいて、ブログが人気になればそれだけ稼ぐことができる仕事でもあるのです。

未経験でも始めることができるくらいブログの情報量が多い

ブログは、未経験の人でも稼げるようにどういう方法があるのか、どうやって始めたらいいのかを詳しく解説してくれているサイトやブログが豊富です。

「ブログ 初心者」などと検索をすれば丁寧に教えてくれるサイトがいっぱいあります。

ですので、未経験でもブログでフリーランスになることは可能です。

未経験の人がブログだけで食べていくのは難しい

ただ、ブログでお金を稼ぐには、かなりの年月が必要ですし、収入0円という時期もあるのでそこをどういう風に乗り越えるのか考えておく必要があるでしょう。

半数以上が5,000円未満

ブログをしている人のだいたい半数の人が54.6パーセントが5,000円未満の収入でその内、無収入の人は、29.7パーセントに登ります。

そして、残りの半分の人の39.3パーセントの人が1万円以上稼ぎ、10万円以上稼いでいる人は21.4パーセントいます。

ユーチューバー

子供のなりたい職業にもランクインしているユーチューバーもフリーランスになります。

有名な人になると、1億円以上稼いでいる人もいます。

ユーチューブで稼ぐ仕組みも、ブログと同じように広告を貼り付けることで収入が発生します。

たくさんの人が、そのユーチューブサイトを見てくれるとそれだけ広告収入もアップしていくのです。

誰でも簡単にユーチューバーになれる

ユーチューバーになるのは、とても簡単です。

  1. Googleのアカウントを作成
  2. Googleのアカウントからユーチューブサイトにログイン
  3. メニューからマイチャンネル
  4. チャンネル作成
  5. コンテンツを決める
  6. 動画撮影
  7. 動画編集
  8. アップロード

これで完了です。

この作業ができたらあなたもユーチューバー!

ユーチューバーとして広告を貼るためには「YouTubeパートナープログラム」の利用する必要があります。

これは、ユーチューブ動画を収益化してくれる部ログラムで、厳しい条件をクリアする必要があります。

1.YouTubeが掲げる収益化ポリシーを守る。
2.公開されている動画の総再生時間が直近12カ月で4,000時間以上。
3.チャンネル登録者の数が1,000人以上。
4.Adsenseアカウントを開設している。

ユーチューバーはかなり大変

ユーチューバーは、「毎日好きなことをして楽しいことをしてお金をもらえるなんて最高じゃん!」と思っている方も少なくないでしょう。

しかし、実際のユーチューバーの仕事はかなりブラックです。

あの超有名なヒカキンさんであっても、あんなに有名になって1億円以上稼いでいるのに、毎日配信しています。

毎日配信を続けるために、寝る間を惜しんで作業をして、また動画を撮影してという生活を続けています。

すごいなあ。

WEBデザイナー

WEBサイトのデザイン、レイアウト、コーディングなどを行います。

案件によって、どれくらいの範囲をするかが決まってきます。

クラウドソーシングサイトでも見つけることができ、比較的高単価の案件が多いのが特徴です。

WEBデザイナー体験談

会社員としてWEBデザイナーをやっていると、かなりブラックな仕事を振られることが多いのがこの仕事の特徴です。

会社に泊まりこみで作業をすることも多く、メンタルを病んでやめていく人が後を絶ちません。

それからフリーランスとして、WEBライターをしている人もいます。

ただ、忙しいのは変わりなく自分で経営しているブラック会社のように1日中納期と仕事に追われる日が続くそう。

報酬も事前に細かい部分までしっかりとクライアントと詰めておかないととえらいことになります。

修正やバグといったこともあるので、そういった対応をしていると本当に大変なことになってしまいます。

まとめ

未経験としてフリーランスを始めることは可能です。

ただ、それなりに稼げるようになるには、長い年月が必要だったり、稼げない期間があったりするというなかなか厳しい世界でもあります。

いきなりフリーランスになるには、少し勇気がいるかも知れませんね。

ただ、副業としてフリーランスになればフリーランスがどういうものか感触として分かってくることでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました