働いていた私が専業主婦になって子育てに専念した結果

在宅ワーク
プロフィール
この記事を書いた人
小豆

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする
  • 子供のために専業主婦になろうかな
  • 今の仕事を辞めて専業主婦になってもいいかな
  • 大変なのは今だけだからなんとかこの時期を乗り越えた方がいいかな

子供が産まれる前は、バリバリ働いて子育てするつもりでいた人も実際に子育てと仕事との両立が大変で、仕事を辞めようか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、子供が産まれてから会社員として仕事復帰はしたが、退職して専業主婦になった私の体験をご紹介しましょう。

そもそもどうして専業主婦になったのか?

私は、子育てのために専業主婦という道を選びました。

それはどうしてかというと、子育てに専念したかったからと自分を守るためです。

子育てがしたかった

私は、1つのことをおなか一杯経験したいと思う性格でもありました。

学生の頃から、何かする時は1つのことに集中して取り組みたいたちでもあったのです。

結婚をする時も、新婚旅行、婚姻届提出、結婚式はバラバラにしていました。

こうすることで、1つ1つの経験をしっかりと味わうことができたので、とても満足していました。

しかし、子育てが始まるとそんな私の気持ちもかなうことはありません。

子育ては中途半端、仕事も中途半端感でいっぱいでした。

子育てをしているときは仕事のことは気になって、仕事をしている時は子供のことが気になる。

どっちも一生懸命したいのに、どっちも中途半端な状態がどうしても許すことが出来なかったんです。

自分を守るため

子育てしながら仕事をするのは、本当に大変でした。

朝はもうバタバタですし、夕方は保育園に子供を迎えに行ってそこから夕飯、お風呂、家事と一息つく暇もありません。

気が付いたら、子供と一緒に寝落ちしていてやらないといけないことが山済みです。

午前0時くらいに起きて、残った家事をするのですが、もう記憶がないですよね。

私は仕事復帰してからも母乳でいたので、夜中に何回か起きては授乳していました。

もちろん、実家の母と夫にも手伝ってもらっていました。

でも、やっぱりすることは一杯です。

会社員時代に先輩からかけてもらった言葉

仕事場では、先輩が私を守ってくれました。

「しんどいのは今だけだから頑張るねんで」「今は謝って甘えるねんで」「いつか返したらいいねん」といっぱい励ましてもらっていました。

でも、仕事場でも謝り、家でも母や夫に謝り、保育園でも謝りということばかりでした。

本当にそれがいやでいやで仕方なかったです。

満員電車に揺られながら、ボーッと思考を停止している時があって「これはやばい」と思いました。

会社員を辞めて専業主婦になった

そこで、私は思い切って専業主婦になりました。

自分を守るためです。

このままでは自分がかわいそう過ぎるって思ったんですよね。

子育てに一生懸命専念した

それからは、本気で子育てに専念しました。

朝はしっかりと起きて、子育て支援センターに毎日通い、お弁当を持って公園でお弁当を食べました。

子供を自転車でお昼寝させて、帰ってきたら一生にお菓子作り。

今思えば本当によくやるなと思うくらいよくやっていました。

専業主婦になって感じた孤独

実際に専業主婦になって子育てに専念したのですが、そこではびっくりするくらいの孤独感を味わうことになります。

専業主婦になってから私が感じた孤独感についてご紹介していきます。

収入がない

自分に収入が全くない状態というのが、始めてでそれはそれは怖かったです。

旦那がいないと収入源が0になってしまうのですから、共働きだった頃のようなのほほんとした感じの家計管理ではいけないと本気で感じました。

孤独感

今の母親は孤独といわれますが、私もとても感じました。

公園や子育て支援センターなどに行けば、お話できる人はいてもそこまでの仲ではありません。

子育てで悩んでも、自分でどうするしかないというのはかなり孤独感を感じました。

働いていた頃は、自然と社会の一員としていれたのですが、専業主婦になったことで自分から動かないと社会に入れないという現実を感じました。

誰からも評価されない

当たり前ですが、専業主婦は誰からも評価されません。

大掃除をしても当たり前、床をピカピカに磨いても当たり前、ご飯を作っても当たり前、洗濯物を毎日していても当たり前です。

会社員時代は、その都度成果を実感できていましたし、仲間と一緒になって取り組むことで達成感がありました。

子育てや家事は、これができたらゴールというものが見えないのでとても苦しみました。

子育てしかしていない自分

子育てしかしていない自分に対しどこか後ろめたいような気持ちにもなりました。

周りを見れば、バリバリ働いている子育て中の仲間もいました。

大変そうには見えましたが、子育てしかしていない自分と比べると明らかにキラキラ輝いて見えました。

子供が幼稚園に行き出すと専業主婦が楽すぎた

下の子が幼稚園に入学するまで私は走り続けました。

ただ、急に「楽」になりました。

子供がいないときの専業主婦は楽すぎる

子供が幼稚園に行っている間は専業主婦は本当に楽でした。

幼稚園のお迎えまでの時間は、フリータイムで今までしたかったのにできなかったことをむさぼるように楽しみました。

病院も行けますし、銀行も気軽に行けます。

買い物だって、急がなくていい生活は本当に本当に幸せ!

周りが働き始める

ただ、ここから周りの専業主婦の友達が働き始めます。

何もしていない時間がもったいない、何かしたいと思うようなりました。

ただ、働きにでるとなるとまだ上の子が小学校なので、簡単に決めることができません。

夏休みはどうするの?冬休みは?

そう考えるとやっぱり外で働くのは大変という結果に。

そこで私は在宅でできる仕事を探すことにしました。

在宅ワークで記事作成の仕事と出会う

子供が幼稚園や小学校に行っている間にできる在宅ワークをクラウドワークス で始めました。

クラウドワークスにしたのは、日本最大級という点と、仮払い制度があるので報酬未払いがないからです。

今でも記事作成の仕事をしています。

専業主婦はぶっちゃけ楽なのか?会社員・育休・専業主婦・フリーランスの見解
専業主婦はぶっちゃけ楽なのでしょうか?会社員・育休・専業主婦・フリーランスを経験した筆者の見解を聞いてください。どの立場でも専業主婦がぶっちゃけ楽と感じることはできるのでしょうか?専業主婦がぶっちゃけ楽なのか、みていきましょう。
主婦が副業をするなら在宅で!月5万円稼ぐには?!
主婦の方が副業をするなら在宅でできる仕事がおすすめです。今回は、月5万円稼げる主婦におすすめの副業をご紹介していきます。在宅でできる副業は、主婦にとって嬉しいメリットが多いのをご存じでしょうか?子供がいる、家にいたいあらゆる願いが叶いますよ。

まとめ

子供が小さいうちは一緒にいてあげたい、働いていていいのか?と悩むこともあるでしょう。

そんな時にいろいろな人の経験をしることは大切です。

私の場合は、自分の選択に全然後悔していません

それよりも、新しい世界にいけたことにとてもワクワクしています。

この記事が誰かの参考になってくれると嬉しいです。

【主婦の副業】クラウドソーシングサイトでWEBライターってどんな仕事?月10万円はいける
子育て中で外で働くのは難しい子どもを見ながら働きたいスキルがなくてもできることってあるの?そんな方におすすめなのがWEBライターの在宅ワークです。WEBライターはパソコンさえあれば気軽に始められま...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました