HSPやめたほうがいい仕事|在宅で稼ぐならノンストレス

スポンサーリンク
  • HSPがやめたほうがいい仕事ってある?
  • HSPがやめたほうがいい仕事ってどんなの?
  • HSPがやめたほうがいい仕事の特徴が知りたい

HSPの方はやめた方がいい仕事があります。

HSPさんには在宅で稼ぐのがおすすめです。

HSPでどんな仕事がいいのか迷っているなら、参考にしてください。

HSPがやめたほうがいい仕事

HSPな方がやめたほうがいい仕事の特徴を紹介します。

競争やノルマがある営業

営業職の多くが競争やノルマがあります。

HSPの方は、競争やノルマがある営業職に強いストレスを感じます。

スピード感が求められる飲食店

飲食店はランチタイムやディナータイムで目の回るような忙しさになります。

また、周りも殺気立っているような感じをもろに受けてしまうのでHSPさんはやめたほうがいいです。

HSPな方は、苦手な雰囲気です。

接客業

接客業はいろいろな人と対峙します。

HSPさんとしては、人のいろいろなものを感じ取ってしまうためきつく感じてしまうでしょう。

HSPにおすすめの在宅で働く方法

HSPさんに在宅で働く方法を提案します。

人間関係が楽

在宅で働くと人間関係が格段に楽になります。

仕事に関するやり取りは、基本的にメールやチャットです。

人間関係で疲れてしまいやすい方には在宅は天国です。

集中できる

周りに人がいるとうまく集中できないHSP。

  • 〇〇さんがイライラしてるな
  • 〇〇さんの機嫌がかなり悪い
  • 〇〇さんは今日は調子悪そう

こういうのを自然に感じ取ってしまいます。

そしてそっちに意識が集中してしまうんですよね。

在宅なら、1人で仕事をするため集中できます。

通勤しなくていい

通勤時間てもったいなくないですか?

在宅で働けば通勤の必要がなくなります。

在宅で働くデメリット

逆に在宅で働くデメリットを紹介します。

運動不足

在宅で働くとなると運動不足になりがちです。

意識して動かないと、体力も筋力も落ちます。

デメリットが見当たらない

在宅で働くデメリットを考えてみたのですが、運動不足以外見当たりませんでした。

恐らく1度でも在宅の快適さを知ってしまうと戻るのが難しく感じてしまうでしょう。

HSPにおすすめの在宅での働き方

HSPさんにおすすめの在宅での働き方を紹介します。

派遣の在宅勤務

派遣では在宅勤務を広く扱っています。

完全在宅勤務もある

派遣の在宅勤務には、一部在宅勤務から完全在宅勤務があります。

派遣の在宅勤務例

テンプスタッフ 2024年現在完全在宅勤務はどんな求人があるのか紹介します。

  • 8:50~15:00 休憩45分
  •  月 水 金 週3日
  • 完全在宅
  • 時給 1,450円~1,450円
    月収例 94,308円+残業代
    通勤交通費 支給あり
  • 試験成績書の作成サポート
  • 新規フォーマット作成・登録と動作確認
  • Excelを使用しての電子帳票作成
  • 9:00~17:30 休憩60分
  • 月~金 週5日
  • 時給 1,300円~1,300円
    通勤交通費 支給あり
  • 出社は月に1~2回
  • 入退会受付対応
  • 会員からの問合せ対応(基本メール対応のみ)
  • 別チームのサポート(学術大会等の際の、受付窓口対応など)

できそう!と思ったら、テンプスタッフ に登録してみてください。