クラウドソーシングサイトでWEBライター!子育てしながら副業経験談

WEBライター
プロフィール
この記事を書いた人
小豆

会社員→専業主婦→フリーランスになった40代主婦です。
子供が小さい頃からあらゆる副業にチャレンジしてきました。
現在は、主な副業としてクラウドソーシングでWEBライター・ブログをしています。

小豆をフォローする

未経験からでも在宅で始めることができる仕事ってないかな?

子育てと仕事を両立したいな

WEBライターってどうやって始めたらいいのかしら?

平凡で何もスキルや知識もなかった私がWEBライターとして月10万円は稼げています。私がWEBライターを始めた方法をご紹介していきましょう。

簡単に在宅ワークや副業を始めたいのであれば、WEBライターはかなりおすすめです。

WEBライターの始め方

まずは、結論からご紹介していきます。WEBライターになる方法として、クラウドソーシングサイトを活用するのがもっとも簡単で始めやすくておすすめです。

クラウドソーシングサイトとは?

クラウドソーシングサイトというのは、記事を書きたい人と記事を書いて欲しい人をマッチングしてくれるサイトになります。登録料は、無料で始めることができますし、検索で自分のしたい仕事をすぐに出してくれるので、初心者でも始めやすいのがメリットです。

私は、クラウドソーシングサイトを利用してWEBライターの仕事を受注しました。クラウドソーシングサイトとは仕事をしたい人と仕事をして欲しい人を繋ぐマッチングサイトです。

WEBライターをしている人によっては、いくつかクラウドソーシングサイトを掛け持ちしている人も少なくありません。

WEBライターの始め方

タスク形式からスタート

まずは、できそうなタスクから挑戦してみましょう。タスクとは、その仕事をしたら、承認されれば即お金が振り込まれる仕事です。クラウドソーシングサイトには、タスク形式とプロジェクト形式があってタスク形式は、簡単な仕事が多いのが特徴です。

クラウドソーシングサイトのタスク案件例

ドラマを見た感想200文字22円
すっきりしたスカッとした話1000文字以上150円
美容や健康に関する体験談33円
キャンプマットの選び方体験談550円
サーフィンワックスの選び方体験談550円
仮装通貨に関する記事作成401円

プロジェクト形式に挑戦

だんだんとタスク形式で慣れてきたのであればプロジェクト形式に挑戦してみましょう。プロジェクト形式の仕事の特徴は、応募をしてクライアントと相談をして、契約から仮払い、仕事、納品という流れになります。

プロジェクト形式になると、継続してクライアントとやりとりができたり、案件の単価も高くなるのでタスク形式よりも多く稼ぐことができます。

相談といっても、メッセージで「○文字かけますか?」「納品日は○日ですが大丈夫ですか?」といった簡単にやりとりになっているので、大丈夫です。

ブログ記事作成

WEBライターの仕事を探す場合は、「ブログ記事作成」で検索するとでてきやすくなります。

プロジェクト形式の例

ユーチューバーの記事作成1000文字200円
子育てに関する記事作成2000文字300円
掃除に関する記事作成2000文字400円
注文住宅についても記事作成200円
ゲーム紹介500円
恋愛に関する記事作成1000円

継続案件で実績を積む

WEBライターにとって実績は必要不可欠です。プロジェクト形式の応募の時も、今までの実績を教えて下さいというものが少なくありません。WEBライターの実績とは、今まで自分が書いた記事ということになります。

仕事を発注したい人は、この記事の内容をみて採用するかしなかを決めているので、とても大切になってきます。

WEBライターの仕事ってどんな仕事?

では、WEBライターは実際にどんな仕事があるのでしょうか?私が経験した仕事をご紹介していきます。

子育ての記事作成

子育て経験を生かして記事を書いてくださいという仕事をしたことがあります。例えば「子育て つらい」「子育て 癖」というようにキーワードが渡されるので、そのキーワードに添った自分の体験を記事にしていきます。

ネットの世界では、経験というのはとても大切にされています。どうしてかというと、ネットを使う人は、自分が悩んでいたり困っていたりする時に、検索で調べますよね?子育て中のことも悩んだら何度となく検索した人も少なくないでしょうか。

そういう時に、男性で50代の人が書いた記事よりも、実際に子育てを経験してきた人の記事であれば信頼感があるし、実際に経験した人にしか分からないこともたくさんあります。

そのため、記事は経験がとても貴重になります。文章力やライティング力はそこまで必要ではなく、実体験を盛り込んだ記事が喜ばれるのです。ですので、初心者でもWEBライターとして実績を積めば、稼ぐことができます。

自分でネットで調べた記事を書く

ネットで自分で調べて、記事にしていくという仕事もしました。記事の構成はもう決まっているので、1つの見出しにつき200文字くらいの記事を書いていきます。マニュアルが決まっていて、数字は半角、です。ます系にしてください、ですよね?は使わないでください、といったものを指示されます。

画像を添付する必要があるので、無料で使える画像を添付して納品します。他にも商品の紹介をする時はこういう風にしてくださいというように細かいマニュアルが決まっていて、マニュアルが守られていないと修正依頼がきます。

たくさんの案件がスプレットシートで渡されるので、そこから自分が受注したい記事を選ぶという案件でした。

地域のクリーニング店の情報をまとめる

例えば東京都の24区のクリーニング店の情報をまとめます。それぞれのクリーニングの住所、電話番号、布団が洗えるか、特徴などをまとめて書いていきます。ネットで調べ物ができればOKなので、簡単にまとめることができますが、地域によってはクリーニング店の情報が乏しい場合もあるのでなかなか大変でした。

404 NOT FOUND | 【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ
Just another WordPress site

WEBライターを始める前に気をつけて欲しいこと

WEBライターは全くの初心者の方でも始めやすいという特徴があるのですが、クラウドソーシングサイトを使っていると注意すべきことがあります。

詐欺まがいの案件には注意

初心者OK、主婦歓迎、簡単作業というようにとても簡単な案件なのに、5,000円くらいという高収入を提示している案件もあります。こういった案件は注意が必要です。情報商材の購入をすすめてきたり、クラウドソーシングサービス外でのやりとりを促すことがあります。

LINEを聞いてくる

案件のなかには、いきなりLINEでのやりとりをしたいと言ってくる場合もあります。クラウドソーシングサイトであれば仮払い制度があるので、仕事をしたのに報酬が支払われないというようなことが防げる仕組みになっています。

もしも、納品してからクライアントと連絡が取れなくなってしまった場合、クラウドソーシングサイトに報告をすれば、正しく納品されていたのであれば報酬は支払われます。

私も経験したことがあるのですが、納品してから1週間しても連絡がなく、検証が行われません。「検証お願いします」とメッセージを送っても連絡がなしになってしまったので、クラウドソーシングサイトに連絡して再度、サイトから連絡をしてもらいました。

結局、ちゃんと報酬が支払われて安心したという経験があります。

無理だと思ったら契約キャンセルができる

案件によっては、契約を結んでから恐ろしく時間がかかってしまったり、大変で納品できそうにないこともあります。スキルがそこまで備わっていない場合もありますし、そもそもそんな安い報酬でこの仕事量はないよという仕事もあります。

無理だと思ったら、契約キャンセルもできるので覚えておきましょう。仕事によっては、記事作成以外の雑務が本当に大変という案件もあります。それなのに、報酬が明らかに低い場合も少なくありません。そういう場合は、キャンセルすることもできるので、あまり無理し過ぎるのはよくありません。

まとめ

WEBライターの始め方についてご紹介しました。WEBライターは、初心者の方でも十分月10万円を在宅ワークで狙える仕事です。WEBライターの始め方もクラウドソーシングサイトを使えば簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。

404 NOT FOUND | 【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ
Just another WordPress site

コメント

タイトルとURLをコピーしました