何を言っても言い訳と言われる|上手な説明方法

スポンサーリンク
  • 何を言っても言い訳と言われる
  • 何を言っても言い訳と言われない説明の方法が知りたい
  • 何を言っても言い訳と言う旦那を黙らせたい

何を言っても言い訳と言われるときってありますよね?

こっちとしては、説明しているだけなのに「言い訳するな!」なんて言われたら正直しんどいです。

そこで今回は、何を言っても言い訳と言われない上手な説明の方法を紹介します。

何を言っても言い訳と言われる

どんなときに何を言っても言い訳と言われるのか、紹介します。

上司から

上司から、「言い訳するな!」と言われることってありますよね?

例えば、仕事でミスをしたとします。

ミスを防ぐために、ルールが決まっていました。

にも関わらず、あなたはルールを無視してミスしてしまったと指摘されたとします。

そんなとき「急用ができてしまい、大丈夫かなと思ってルールを無視してしまったんです。」などというと「言い訳するな!」と言われてしまいます。

旦那から

夫婦間でもよくあります。

例えば、旦那から「今それやらなくていいんじゃない?帰ってすぐにやればいいのに」と言われたとします。

その返事で「それは、帰ってすぐは次男が泣いてたから」というと「言い訳するな」と言われます。

何を言っても言い訳と言われるときの上手な説明方法【上司編】

では、上司から何を言っても言い訳と言われるときの上手な説明の方法を紹介します。

原因を最初に言わない

何を言っても言い訳と言われるとき、最初に原因を言いたくなる気持ちわかります。

しかし、相手からすると「自分を守っているな」という印象になってしまいます。

それが、何を言っても言い訳と言われる原因です。

最初に謝罪

まず初めに、もしミスをしたのであれば謝罪をしましょう。

こうすると相手から言い訳と受け取られません。

次に結果

相手は、ミスしたことをわかってほしくて指摘しています。

ここでしっかりミスを認めて、何がいけなかったのかわかってくれればそれでいいのです。

次からこうする

ミスをしたのであれば、次からはこうすると対策方法も伝えましょう。

指摘した相手も「わかってくれたら。それでいい」という気持ちになります。

最後に原因

原因については、相手に伝えるか伝えないかはあなたの問題です。

ミスを指摘した相手は、今後同じミスをしなければいいと思っているだけ。

「〇〇だったから、ミスしました」と言いたいのはあなたの気持ちをすっきりさせたいためです。

何を言っても言い訳と言われるときの上手な説明方法【旦那編】

旦那が何を言っても言い訳と言われるときの対処法は少し違います。

必殺どうして返し

旦那から「今それやらなくていいんじゃない?帰ってすぐにやればいいのに」と言われたら、「どうして今やったらいけないの?」と聞きます。

ただ、この方法は旦那をヒートアップさせる可能性があります。

がっつり夫婦ケンカになる可能性大です。

真面目に答えない

「言い訳するな」という旦那の多くが、理由を聞きたいのではありません。

何かしらあなたに文句を言いたいだけです。

スルーしたり「なんでかなあ?」とすっとぼけておきましょう。

関連記事:ああ言え ばこう言う旦那を黙らせる|超効果的な方法