在宅ワーク|コールセンターはきついのか現役から聞く

スポンサーリンク
  • 在宅ワークでコールセンターってきついかな?
  • 在宅ワークでコールセンターはやめた方がいいかな?
  • 在宅ワークのコールセンターが気になる

在宅ワークでコールセンター業務ができたらいいですよね。

実際に在宅ワークでコールセンターをされている方の体験談をもとに在宅ワークのコールセンターはきついのか解説します。

在宅ワーク|コールセンター業務内容

在宅ワークのコールセンターの業務内容を紹介します。

資料請求

サービスや商品が気になるお客様に対して詳しい案内や資料の送付を手配する仕事です。

製品やサービスに関する質問に答える

製品やサービスに対して、トラブルが起こった場合対処法や対策を知らせる仕事です。

専門的な知識が求められます。

問い合わせ対応

わからないことや質問に答える仕事です。

在宅ワーク|コールセンターの働き方

在宅ワークのコールセンターの働き方は業務委託と雇用の2種類あります。

業務委託

業務委託の在宅ワークコールセンターは、時給ではありません。

例えば、○コールしたら○円というように成果に対して報酬が支払われます。

たくさんコールできたら多く報酬が得られるメリットがあります。

逆にコールができない場合報酬は少なくなるデメリットがあります。

雇用

派遣会社に雇用されて在宅ワークのコールセンターをする働き方です。

派遣の場合は時給で支払われます。

在宅ワーク「コールセンター」なら↓

テンプスタッフ

在宅ワーク|コールセンター業務開始まで

在宅ワークのコールセンター業務開始までの流れを紹介します。

会員登録

テンプスタッフ に会員登録します。

登録方法の選択・予約

希望条件を入力すれば、あなたにあった方法が表示されます。

選択後、希望の日時を入力して予約します。

登録情報の入力

予約日までに登録情報を入力しておきます。

ビデオ視聴・スキルチェック

派遣のシステムをビデオで視聴します。

また、スキルチェックもします。

来所の場合は、当日行えます。

面談

予約日当日は、丁寧なヒヤリングが行われます。

あなたにあった働き方がみつかります。

エントリー

希望のお仕事がみつかったらエントリーします。

仕事決定・就業開始

条件にあう仕事が決定すれば就業開始です。

サポートしてもらえるので安心です。

在宅ワーク|コールセンター業務開始後

在宅ワークのコールセンター業務を開始するとどうなるのか紹介します。

今回紹介するのは参考程度にしてください。

研修

多くが研修期間中は出勤スタイルが多いです。

慣れてきたタイミングで在宅ワークへというのが流れです。

業務開始時刻の入力

在宅ワークのコールセンターはスケジュールは自己管理です。

勤怠はシステムで管理されることが多く、お仕事開始のタイミングで入力します。

コールセンター業務

業務を開始します。

システムに入力

業務内容をシステムに入力して終業です。

それぞれの企業によってやり方が違うので参考程度にしてください。

在宅ワーク|コールセンターきついところ

在宅ワークのコールセンターのきついところを紹介します。

気軽に聞けない

在宅ワークのコールセンターの場合、チャットで会社といつでも繋がれる状態で業務を行うのが一般的です。

ただ、在宅でやっているので気軽に相談できる環境ではありません。

プレッシャー

お客様にとってはコールセンターの人がその企業の顔です。

自分の応対次第で企業イメージが!と思うとプレッシャーになってきついという声もありました。

新しい業務内容を聞かされていなかった

在宅ワークでコールセンターをしていると、新情報など聞いてないというのがあるそう。

共有ができていない場合きついです。

在宅ワーク|コールセンターメリット

在宅ワークのコールセンターのメリットを紹介します。

通勤しなくていい

毎日の通勤時間がなくなります。

満員電車や通勤時間から解放されます。

自宅でできる

在宅ワークのコールセンターは自宅でできます。

  • 休憩は自宅
  • 休憩時間にリラックス

が可能!

服装や髪型が自由

在宅ワークのコールセンターは、服装や髪型は自由です。

ワークライフバランス

子育て中の通勤時間や出勤のための準備は時間との戦いですよね。

在宅ワークのコールセンターなら、パソコンを開けば業務開始なのでワークライフバランスがとりやすいです。

在宅ワーク|コールセンターの注意点

在宅ワークでコールセンターをする前に注意点があるので紹介します。

ネット環境が重要

オンラインでお客様とやり取りするコールセンター業務は安定した通信環境が必須です。

会社によっては回線速度のテストがあります。

音漏れ

お客様にとっては在宅かオフィスかは関係ありません。

生活音が流れたり、子供の声が入るのはNGです。

情報漏洩の危険性

在宅ワークのコールセンターで顧客の情報は絶対に漏れてはいけません。

在宅ワークだとリラックスできる空間なだけに気持ちが緩みがち。

倫理観をしっかり持って業務を行いましょう。

在宅ワーク|コールセンターに関する気になる質問

在宅ワークのコールセンターに関する気になる質問に答えます。

在宅ワークのコールセンターってメンタル面きつい?

クレーム対応の場合かなりメンタル面に関してはきついです。

コールセンター業務をするならメンタルは強くないと難しいです。

研修期間はどれくらい?

3ヶ月の企業が多いです。

1週間くらいで実際に受電が始まりました。

ノルマってあるの?

こちらから発信して商品やサービスを勧める場合は、ノルマがある場合があります。

ノルマがない企業もあるので担当者に相談してください。

ヘッドセットとかてどうするの?

ヘッドセットは会社から支給される場合が多い模様です。

子供が小さくて在宅コールセンターできるか不安

企業にもよりますが、在宅の場合はメール対応のみなどがあります。

在宅コールセンターをされている方の多くは、赤ちゃんのいる部屋とは別室でされているようです。

まとめ

在宅ワークのコールセンターはきついのかについて紹介しました。

コールセンターは合う合わないが真っ二つに分かれる仕事です。

自分がどっちなのかやってみないとわからないのが本音です。

在宅ワーク「コールセンター」なら↓

テンプスタッフ

在宅ワークのデータ入力が気になる方は下記の記事も参考にしてください。

関連記事:派遣データ入力はきついのか|経験してわかる実情

にほんブログ村
にほんブログ村バナー
ブログランキング・にほんブログ村へ
在宅ワーク
あずきをフォローする
【シンプルライフ子育て】専業主婦だった私がフリーランスになったブログ