クラウドワークス|文字起こしやってみた

スポンサーリンク
クラウドワークス
  • クラウドワークスの文字起こしやってみたい
  • クラウドワークスの文字起こしってスマホだけでできる?
  • クラウドワークスの文字起こしの体験談が知りたい

クラウドワークスの文字起こしをスマホだけでやってみたので紹介します。

先に申し上げるとクラウドワークスの文字起こしってめちゃくちゃ大変でした。

文字起こしのようなお仕事をするなら、派遣で時給でやりましょう!

派遣大手アデコ なら在宅勤務にも強いので登録しておきましょう。

クラウドワークス文字起こしの仕事内容

クラウドワークスの文字起こしの仕事内容を紹介します。

YouTubeショートの文字起こし

YouTubeショートの文字起こしをチャットGTPを使ってやって、リライトするという仕事です。

音声の文字起こし

セミナーや講義の音声を聞いて文字起こしする仕事です。

手書きデータの文字起こし

手書きで書かれた資料を見ながらデータにしていく仕事です。

どれもコツコツ作業です。

コツコツ作業で稼ぎたいのであれば、メールだけで稼げる方法もあるので気になる方は下記の記事を参考にしてください。

クラウドワークスの文字起こしで月10万円は無理でも、これなら在宅でスマホだけで月10万円頑張れば稼げます。

関連記事:メールレディの仕組み|どうしてお金が稼げるのか

クラウドワークス文字起こしで稼げる金額

クラウドワークスの文字起こしで稼げる金額から。

6時間くらい作業して2,000円

在宅ワークの文字起こしをスマホだけでやると、作業時間はだいたい6時間はかかりました。

60分間の会議の文字起こしを6時間かけてやって2,000円です。

クラウドワークス文字起こしスマホのみつけ方

クラウドワークスで文字起こしの仕事をみつける方法を紹介します。

クラウドワークスで探す

クラウドワークス に登録します。

仕事を探す

仕事を探すをクリックします。

仕事カテゴリ

仕事カテゴリの「事務・簡単作業」をクリックします。

データ作成・入力

データ作成・入力のところに「テープ起こし・文字起こし」でみつかります。

競争率が高く契約が難しい

クラウドワークスの在宅ワーク文字起こしは競争率が高くなかなか採用がもらえませんでした。

文字起こし自体の作業よりも、契約を取るほうが大変でした。

関連記事:クラウドワークス|スマホでできる案件目標1万円

クラウドワークス文字起こし実例

クラウドワークスの文字起こしの実例を紹介します。

60分の会議の音声の文字起こし

60分の会議の音声をもらって、それを文字起こししていきます。

指定されたスプレットシートに入力

文字起こしができたら指定されたスプレットシートに入力して納品します。

納期は1週間

納期は1週間でした。

【在宅ワーク】文字起こしの手順

在宅ワークの文字起こしをやった手順を紹介します。

全ての会話を文字起こし

会議の全ての内容を文字起こしします。

これはアプリでやれば簡単にできます。

いらない文章を削除

アプリでやった文字起こしはざっくりしたものだったので、いらない文章は削除していきます。

  • 笑い声
  • えーとかうーんとか

そういういらない文章を削除します。

文章を整える

前後の会話を見ながら文章を整えていきます。

クラウドワークス文字起こしはスマホアプリが使える

在宅ワークの文字起こしはスマホアプリを使えば作業効率がグンとあがります。

文字起こしアプリはいろいろある

文字起こしができるスマホアプリは豊富にあります。

時短

自分で手打ちで文字起こしをやっていたら時間がいくらあっても足りません。

スマホアプリを使っても6時間はかかるので、在宅ワークの文字起こしをするならスマホアプリに助けてもらいましょう。

無料プランで体験

スマホアプリによっては無料プランが用意されているので、無料プランで在宅ワークの文字起こしをやれば料金はかかりません。

有料プランは文字起こしで稼げると思うなら登録しましょう。

無料体験があればそれを利用するのがおすすめです。

クラウドワークス文字起こしスマホでやってみた体験談

それでは具体的にクラウドワークスの文字起こしをスマホでやってみた具体的な作業内容を紹介します。

アプリに読み込む

文字起こしする会議の音声をアプリに読み込みます。

読み込んだらすぐに文字起こしはできました。

不要な言葉を消す

読んでみると、よくわからない文章や前後が理解できない部分がありました。

そのため自然な内容になるように不要な言葉を削除していきます。

読みやすい文章に整える

実際に読んでみて、読みにくい部分は読みやすい文章の整えていきます。

専門用語がでてくると「?」っとなるので、アプリでもう1度聞いて内容を理解してから文章を作成しました。

スプレットシートに貼り付けて納品

文字起こしした文章が整ったら、指定されたスプレットシートに貼り付けて納品しました。

クラウドワークス文字起こしのメリット

クラウドワークスの文字起こしをするメリットを紹介します。

スマホアプリが使える

在宅ワークの文字起こしはスマホアプリを使えば、全て手打ちする必要がありません。

かなりの時短になるのでおすすめです。

実績を積めば単価が上がるかも

在宅ワークの文字起こしは契約をとるのが最も大変でした。

いい仕事ができればクライアントの信頼をもらえるので、単価アップできる可能性はあります。

スマホで完結できる

在宅ワークの文字起こしはスマホだけで完結できました。

  • 受注
  • 作業
  • 納品
  • 報酬受け取り

まで全てスマホだけで完結です。

クラウドワークス文字起こしのデメリット

クラウドワークスの文字起こしをやってみた感じたデメリットを紹介します。

専門用語がわからない

在宅ワークの文字起こしをやっていて難しいと思ったのは、専門用語です。

専門用語で話されるとなにを言っているのか分からず文章を整えるのが難しかったです。

その都度調べたりしないといけなくて大変でした。

競争率が高く採用されない

在宅ワークの文字起こしの最難関です。

競争率が高くてなかなか採用されませんでした。

契約がとれないので、

  • 納期がギリギリ
  • 単価が低い
  • 応募者が少ない

案件を狙って応募するようにしました。

単価が低い

在宅ワークの文字起こしは単価が低いです。

6時間やって2,000円ですから。

残念ながら在宅ワークでは難しいようです。

音声が聞き取りずらい

クリアな音声ながいいのですが、実際は聞き取りにくいものがきます。

そのため簡単にスマホアプリで文字起こしができると考えるのは甘いかも知れません。

かなり大変

実際に文字起こしをやってみるとかなり大変という口コミが多いです。

スマホアプリでしてくれるのに限界があり、クラウドワークスで発注があるということはスマホアプリで完結しないというわけです。

稼げない

ぶっちゃけ在宅ワークの文字起こしでは全然稼げません。

しっかり稼げて在宅で仕事がしたいならアデコの派遣登録【Adecco】 で在宅勤務を探す方が稼げます。

まとめ

在宅ワークの文字起こしをやってみた体験を紹介しました。

在宅ワークの文字起こしはスマホアプリを使えば簡単にできます。

スマホで完結したい方におすすめです。