動画編集|主婦が在宅でできる仕事メリット・デメリット

スポンサーリンク
  • 動画編集って主婦ができる仕事なの?
  • 動画編集は主婦が稼げる仕事かな?
  • 動画編集って未経験から主婦ができる?

Instagram・TikTok・YouTubeなど今は動画編集の需要が高いです。

動画編集は黙々とできる仕事で副業や在宅で仕事がしたい方にぴったり。

そこで今回は、黙々とできる仕事「動画編集」について詳しく解説します。

動画編集の仕事内容

「動画編集」の仕事内容から紹介します。

撮影した映像素材を加工編集

動画編集の仕事内容は、撮影しただけの映像素材を加工編集していきます。

SNSやYouTubeで見るようないらない部分がカットされた動画に編集します。

動画編集アプリが豊富

今は動画編集アプリが充実しているので直感的操作で動画編集できます。

ただ、動画編集はハイスペックのパソコンが必要です。

iPadでもできます。

画面サイズ

10から11㌅以上

CPU(チップセット)

A12 Bionic

ストレージ

256GB以上

 

需要が高い

動画編集は今需要が高まっています。

初心者OKな仕事も探せばあります。

動画編集の仕事の流れ

「動画編集」の仕事の流れをざっくりと紹介します。

仕事を受ける

動画編集の仕事がないと収入は生まれません。

何はともあれ仕事を獲得します。

企画・構成

仕事が獲得できたら、企画や構成を考えます。

クラウドワークスの初心者OKの仕事なら、企画や構成はすでにできていて、動画編集のみを行う仕事がありました。

映像素材のカット

撮影された映像素材の必要な部分をカットしていきます。

みている人を飽きさせないようカット割が必要です。

BGM・テキスト挿入

BGMをつけたり、テキストを挿入します。

テキスト挿入は自動入力により必要ない場合があります。

エフェクト

動画をより印象的に魅せるためエフェクトを使います。

納品

動画が出来上がったら納品して報酬を受け取ります。

動画編集を主婦がするメリット

動画編集を主婦がするメリットを紹介します。

自分のペースでできる

動画編集は自分のペースでできます。

納期が柔軟な案件を選べばじっくり取り組めます。

黙々とできる

黙々とできる仕事です。

基本的にリモートや在宅で黙々とできる仕事なので日1人で黙々と仕事がしたい方におすすめ。

スキルが身につく

動画編集のスキルがあればさまざまな場面で応用が効きます。

動画編集の仕事ができるのはもちろん。

自分のSNSやYouTubeチャンネルを育てて収益を発生させられる可能性を秘めています。

動画編集を主婦がするデメリット

「動画編集」を主婦がするデメリットを紹介します。

自己管理能力が必要

自分のペースでできるのはメリットですが、自分でしっかりスケジュールを立てて行動できない方にとっては厳しい仕事です。

納期に間に合わせるために、自己管理能力が問われます。

2、3か月は勉強が必要

動画編集は2、3か月は勉強が必要です。

  • YouTube
  • スクールなど

自分にあった方法を選びましょう。

スクールなら案件獲得までサポートしてもらえるTechAcademy [テックアカデミー] (無理な勧誘なしの無料体験ができる)がおすすめです。

低単価で疲弊

黙々とできる仕事「動画編集」は、初心者OKの案件があります。

初心者OK案件は単価が低く時給にするととても悲しい金額になってしまいます。

スキルと実績を積み上げて単価アップを狙わないと低単価で疲弊してしまいます。

ハイスペックが必要

さきほど紹介した通り、パソコンやiPadで作業するにしてもハイスペックなものが必要です。

スペックが低いとせっかく作ったのに保存ができない!消えた!なんて悲劇が生まれます。

パソコン選びから始めないといけないかもしれません。

動画編集の仕事を主婦がみつける方法

「動画編集」の仕事を主婦がどうやってみつけたらいいのか紹介します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは仕事をしたい人として欲しい人をマッチングしてくれるサービスです。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイトクラウドワークス です。

初心者OKの案件がみつかるので実績作りに使うのがおすすめ。

エニイクルー

Anycrew は、副業がみつかります。

利用料がかからない今がチャンスです。

クラウドワークスのように棲み分けがされていないので、ステップアップしやすいです。

ココナラ

ココナラ で動画編集のスキルを販売する方法があります。

実績がない初心者なら自分から案件に応募できる機能があるので使ってみてください。

SNS

自分のポートフォリオを作成してSNSで発信していき自分で仕事を獲得していきます。

黙々とできる仕事|動画編集【きついところ】

黙々とできる仕事「動画編集」のきついところを紹介します。

営業が必要

動画編集の仕事は営業が必要です。

誰かに仕事をもらうというのではなく、自分で仕事を探して応募して獲得しないといけません。

悪質なクライアント

動画編集の仕事を発注しているクライアントの中には悪質なクライアントがいます。

  • 高額情報商材を販売しようと近づいてくる
  • 低単価でこき使う
  • 副業詐欺

本来安全なサービスであってもその穴をついて悪質クライアントが潜んでいるので注意が必要です。

ライバルが多い

動画編集は黙々とできる仕事として需要が高いので、今人気です。

そのためライバルが多いです。

低単価でこき使われる

動画編集の仕事をする人が増えた分、相場が崩れています。

低単価でもやる人が多いため、どんどん低単価になってきていてこき使われるだけこき使われて疲弊されている人も少なくありません。

動画編集を主婦が高収入を得る方法

「動画編集」を主婦が高収入を得るにはどうしたらいいのか紹介します。

クラウドワークスは卒業する

クラウドワークスでは相場がどんどん低くなっています。

関連記事:【クラウドワークスやめたほうがいい】稼げない・やばい・きつい

営業力

動画編集で稼ぎたいなら営業力は必要です。

仕事がなければいくら動画編集スキルが高くてもお金になりません。

撮影力

動画編集だけできたら稼げるというわけではありません。

撮影からうまい動画編集者は稼げます。

運営力

動画編集だけができるだけでは稼ぐのは難しいです。

サイト1つを運営できるだけのスキルがあれば高収入が狙えます。

ディレクション力

動画編集を人に任せて自分はディレクションに回ると高収入が得られます。

マーケティング力

今は大きな企業がSNSを使って宣伝活動に力を入れています。

マーケティング力を持つ動画編集者は重宝されます。

動画編集で主婦が稼げるか

「動画編集」で主婦が稼げるのかについて解説します。

クラウドソーシングの相場1本3000円から5000円

クラウドワークスの動画編集の相場は1本3000円から5000円でした。

ただ、テストは1500円となっているためピンからきりまであります。

クラウドワークスでやり続けても稼げるようになるのは難しいでしょう。

関連記事:【クラウドワークスで生計を立てる】5年やっても無理でした

まとめ

主婦には、「動画編集」がおすすめです。

在宅で黙々とできるので副業にも最適。

動画編集は需要が高いため、スキルと実績を磨けば稼げる仕事です。

ただ、下積み時代は低単価です。